テーブル全品、10%OFF! こたつも、ダイニングテーブルも 期間 11.19 (土) ~ 12.18 (日)
東京店限定 1万円以上送料無料

デザイナーズ家具インテリアショップ リグナ

営業時間 11:00-20:00 木曜定休

03-6222-0760 | お問い合わせ
トップページ > インテリアコーディネート・空間デザイン実例 > 054 R A L P H
054
コーディネート
R A L P H
R A L P H

都内を中心にリノベーションブランドを展開する「REISM」とのコラボレート企画。

             「REISM meets Rigna」

シングル向けのリノベーション空間をメインに、リグナが化粧を施します。

つづく第15弾は、ラフな空間が魅せるメンズキッチン1R。趣味が詰まった充実コンパクト。

むき出しの天井と白いツヤタイル。

モルタル床とフローリングの切り返しの収まりがよく、心地良い。

ズゴッと太めの配管が、マットな空間を走り回る。

高さ関係バラバラな家具・什器が、ひしめきながら我ぞ我ぞと主張します。

しかしそんなバラついたアイテムたちにも共通点が。

それは古材感だったりスチールだったり、帆布が醸し出す”ラフさ”だったり。

自然とまとまるオトコベヤになりました。

そして一番の特徴は、部屋に対するキッチンの割合。

部屋のためにキッチンがあるのか、キッチンのために部屋があるのか。

後者に落とし所があるとしか感じさせない存在感をもつこのスペースは、

キッチンと呼ぶには可愛すぎて、もはや厨房と呼んだほうがしっくりきます。

さぁ、今回もキメるぜ。

間取り 1R 10.8畳
所在地 東京都台東区
完成年月 2015年12月
業務範囲 トータルコーディネート
コーディネーター 仲野 俊生
協力 REISM
物件HP/before Kitchen浅草
写真 八幡 宏
men's kitchen
in the UNDERGROUND

マットでマッドな雰囲気の”秘密基地”。

彩度の低いボリューム感のあるゴツッとしたアイテムで構成し、

ラグ・クッションに使用したボーダーがモノなアクセントとなって動きを出してくれています。

living and bed
is ROUGH FABRIC

リビングにはボンッとボリューム感のあるMANI sofa。

ベッドにはグラデーションのベッドスロー。

どちらもダークトーンを織り交ぜ、白く明るい空間の中の”重い部分”を担っています。

ブランケットやレザークッションなどのファブリック感を用いて、アソビを演出。

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
心地よい気持ちと寝心地、眠りを、socphのベッドから。
¥75,600
ウイスキーが似合う漢に
¥39,960
冷たさの中の温かい灯火
¥22,680
小さい小さい地球
¥12,960
リグナテラス東京で
展示中
ディテールまでの拘りが男心をくすぐる
¥23,760
ほどよくこなれるデニムの魔法
¥2,700
リグナテラス東京で
展示中
Image scene
with MEN

さぁ、こちらの住人「ハイカラさん」の登場です。

今回のハイカラさんは料理研究がご趣味とのこと。

彼にはもってこいの物件だったわけですね。

今夜はどんな逸品にチャレンジするのでしょう??

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
ありそうでなかった無骨なスツール
¥17,280
ザ インダストリアル
¥20,520
リグナバイヤー 自腹でコレ買いました!
¥30,240
リグナテラス東京で
展示中
おしゃれと便利は両立することを教えてくれました
¥39,420
リグナテラス東京で
展示中
ドラム缶もリサイクルする時代です
¥4,320
リグナテラス東京で
展示中
リグナ、ハンバーガーはじめました
¥4,104
大海原のような人と出会いました
¥414,720
もはや知らない人がいるだろうか「Ball社アイテム」
¥2,484
リグナテラス東京で
展示中
Image scene
with MEN

考えてます考えてます。

ソファの広いアームがお気に入りポジションでしょうか??

あーーー「僕もそこ好きなですよ」と伝えたい!!

その何とも言えない座り心地を分かち合いたい!!

・・・失礼しました。

Image scene
with MEN

悩んでます悩んでます。

「・・・ぜんっぜんわかんねぇ・・・」と今にも聞こえてきそうです。

こりゃ楽しみですな。

rough material
and...

いろんな要素を携えながらもまとまりを見せる今回のお部屋。

シンプルでいてそれで機能的に、どのポジションにいてもそこには寛ぎがあります。

白と組み合わせるから生える黒や、木と重ねるから生きる鉄など、色んな捉え方があるからこそ楽しい空間が生まれるのだと思います。

そして家具単体ではなく全体でとらえた時のまとまり感を出すのは照明による光の演出であったり、グリーンやアートの配置だったり。

言ってしまえば、ハイカラさんの着る”赤”もいいアクセントです。

部屋が有って、家具が有って、人が居る。

「木を見ていては森は見えん」ってやつでしょうか。

・・・ちょっとしゃべりすぎましたね。

wear a
navy CANVAS

ボリュームたっぷりのスタンダードな安心感、MANI sofa。

帆布を纏ったその仕様は、使えば使い込むほど味が出る”オットコ前”な仕様となっています。

シワやキズが愛おしくなる、そんなソファ。

ストライプのファブリックや古材との相性はこれ以上ない組み合わせです。

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
ただの立方体。でも様になる。それが古材。
¥50,760
リグナテラス東京で
展示中
ボーダー好きにはたまらない!!
¥18,360
リグナテラス東京で
展示中
he said
I LOVE YOU

なんときれいな御御足でしょうか。

ハイカラさんが思いを馳せるのもうなずけます。

いいですね、ポンッとひとつのアート。

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
足の組み方、あなたはどれ?
¥216,000
リグナテラス東京で
展示中
edge of room
BLACK POINT

やはりあとあと効いてくる大切なもの、それは”黒”。

今回のように家具だけじゃなくていいんです。

厨房にあるナッツの缶だったり、ラグの柄だったり。

空間全体を使ってお部屋をつくり上げることで、本当に好きになれる空間が生まれるのだと思います。

「なぜいつもそのナッツを買うの??」

「なぜって、これが僕の部屋に最も似合うナッツだからさ」

ごめんなすって。

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
誰でも一度はスポットライトを浴びたいものさ
¥29,160
リグナテラス東京で
展示中
冷たさの中の温かい灯火
¥22,680
インテリアのご相談
お客様のイメージをカタチに。

インテリアコーディネートのご相談なら、著名人宅からホテルまで、実績豊富なリグナへ。ご相談だけなら無料です。
おしゃれ家具大好き・経験豊富なリグナスタッフが、心を込めてご提案いたします。

世界のブランド家具・デザイナーズ家具を販売するインテリアショップ リグナ

〒104-0033 東京都中央区新川1-9-3 リグナテラス東京 TEL:03-6222-0760 FAX:03-6222-0762

Copyrights © Rigna Co. All Rights Reserved.

リグナ株式会社