東京店限定 1万円以上送料無料

デザイナーズ家具インテリアショップ リグナ

営業時間 11:00-20:00 木曜定休

03-6222-0760 | お問い合わせ
トップページ > インテリアコーディネート・空間デザイン実例 > 073 C A R I B O U
073
コーディネート
C A R I B O U
C A R I B O U

都内を中心にリノベーションブランドを展開する「REISM」とのコラボレート企画。

             「REISM meets Rigna」

シングル向けのリノベーション空間をメインに、リグナが化粧を施します。

つづく第23弾、お部屋の形が印象的なブリックタイル仕上げのワンルーム。

床壁天井の素材感に遊びを覚えるのは、REISMならではの演出です。

フローリングの表情も家具とよく馴染み、大きな面でのアクセントとなっております。

斜めに走る柱型がいい味を出しているこの空間、ちょっとしたアウトドア感あり。

まるで屋根裏部屋、まるで秘密の小部屋。

ちょっとドキドキ、なんだかワクワク。

童心に還ったようなこの感覚は、何にも変えがたい生活の楽しみではないでしょうか。

そんな空間と見事にマッチしたRignaのアイテムたち。

ぜひご覧ください。

さぁ、お家の中を楽しもうか。

間取り 1R 8.7畳
所在地 東京都新宿区
完成年月 2016年09月
業務範囲 トータルコーディネート
コーディネーター 仲野 俊生
協力 REISM
物件HP/before Brick早稲田
写真 八幡 宏
atmosphere
the Hutte

ブリックタイルの表情、全体的なトーン、それは吹雪く雪山でスキーヤーを暖かく迎え入れる山小屋のよう。

奥行きの感じられる素材感とウォームトーン。

電球色の照明が優しく包み込み、直感的に安心感を覚えるような暖かさです。

・・・よし、寝よう。

キッチン側へカメラを向けてみましょう。

背丈よりも大きいキッチンボードですが、ほどよい抜け感とカラーバランスがちょうどいい。

ダイニングテーブル上のボトル型ランプが雰囲気を出していますね。

こちらの住人、ハイカラさんもご登場です・・・ん?

あー、はい。茶柱ですね。

A fun time
on the DINING

ワンルーム暮らしだと、「リビングでご飯食べる」か、「ダイニングでくつろぐか」みたいな選択肢って当たり前のように隣り合わせですよね。

でも今回は、お気に入りのキッチンボードありきのお部屋にしたのでダイニングスタイルにしました!とハイカラさん。

どっちがいいとかじゃないんですけど、今回はそれが正解かもしれません。

コンパクトだけど1人2人なら十分な広さのダイニング。これならお茶も趣味も広げられるのでいいですね。

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
君はでーんと構えてて
¥90,720
様々なシーンに馴染む椅子
¥15,120
かっこいい。それで収納力もあるってイケメン過ぎでしょ。
¥71,280
キッチンボード特有の重々しさを感じさせません
¥122,040
1本書き足したい願望が…
¥9,288
リグナテラス東京で
展示中
accent color in room
BLACK POINT

全体的に明るい仕上がりのお部屋。

そこに奥行きと輪郭を出すのが黒いもの。

量とか大きさは問題ではなくて、明るい空間と明るい家具を切り離す、そんな感覚でまとめてます。

やっぱり黒が入るとフワッとでずにピシッとしていいですね。

細くても存在感がある色なので、バランスを見て取り入れるとよいかもしれません。

また、ダイニングがメインのお部屋なので、ベッド横のサイドテーブルは必須ですね。

空間を重くはしたくないので、ラインのきれいなオシャレテーブルで素材感とも合わせました。

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
可愛いふりしてやりますな〜
¥30,240
心地よい気持ちと寝心地、眠りを、socphのベッドから。
¥75,600
actor
Modern & Rough

かたやモダンなペンダントライト。

かたや杉古材のシェルフ。

素材もテイストも違えど、合っちゃうから面白い。

actor
HEALING POINT

エントランスにはモコモコした「シープチェア」。

要所要所にポイントでグリーン。

かっこいいだけ、オシャレなだけでは物足りない。

やっぱり、癒しがないと。

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
まさに羊!? 一家に一匹いかがでしょうか?
¥41,040
リグナテラス東京で
展示中
edge of room
Some Materials

ほとんどのお部屋の場合、床材に合わせて家具の樹種や色味も選定します。

でもそんな時の困りごと、合わせ過ぎちゃうと「のぺっとしちゃう」ということ。

なので、間に異素材もしくは異なるカラースキムを挟みます。

こちらのダイニングのようにラグを敷くでも良いですし、上で書いた通り”黒を足す”でも良いと思います。

せっかく作り上げる自分だけのお城。

奥行きのあるものに仕上げたいものですね。

my favorite time
5 p.m. SUN DOWNER

さて、陽も暮れ始めたころ。

仕事終わりの友人が遊びにやってきます。

お休みをゴロゴロと過ごしたハイカラさんはまだまだ元気一杯のご様子。

まだ友人到着まで時間があるようですが、「わっ!」とやるために今からもう隠れてます。

お気に入りの部屋、お気に入りの家具。

人生を豊かにするためのアイデアは、いたるところに転がっています。

自分だけのライフスタイル、楽しんでいきましょう。

ハイカラさんはどうでしょう、楽しんでいますかね??

・・・その表情を見れば、言うまでもなさそうですね。

インテリアのご相談
お客様のイメージをカタチに。

インテリアコーディネートのご相談なら、著名人宅からホテルまで、実績豊富なリグナへ。ご相談だけなら無料です。
おしゃれ家具大好き・経験豊富なリグナスタッフが、心を込めてご提案いたします。

世界のブランド家具・デザイナーズ家具を販売するインテリアショップ リグナ

〒104-0033 東京都中央区新川1-9-3 リグナテラス東京 TEL:03-6222-0760 FAX:03-6222-0762

Copyrights © Rigna Co. All Rights Reserved.

リグナ株式会社