リグナ・送料無料のおしゃれ家具通販・インテリアショップ

コーディネート
インテリアコーディネート・空間デザイン実例
コーディネート
空間デザイン
コーディネート
リグナのインテリア相談

無料のインテリア相談から、空間デザインまで、まずはお気軽に、ご相談ください。

トップページ デザイナーから探す シャルロット ペリアン (Charlotte Perriand)

シャルロット ペリアン

シャルロット ペリアン

1903年 フランスのパリで生まれる。1920年 パリの装飾美術中央連合学校(エコールUCAD)に入学。1927年 サロン・ドートンヌに「屋根裏のバー」を出展。これがきっかけでル・コルビュジェのアトリエに入所。インテリアデザインの才能を認められ、この年から10年間ル・コルビュジェの右腕である建築家ピエール・ジャンヌレとの三人での「人間と暮らし」にかかわる家具やインテリアをはじめとする幅広い住環境の創造に携わる。この頃アトリエには日本から建築家の前川國男と坂倉準三がいた。1937年独立。1940年、ジャン・プルーヴェ、P・ジャンヌレ、ジョルジュ・ブランションらと事務所を持ちプレハブ建築の研究を開始。この年、建築家の坂倉準三の誘いで日本の商工省の輸出工芸指導顧問として来日し京都の視察の際、陶芸家の河井寛次郎に共感。竹製家具の研究をしていた河井の影響でペリアンは竹に注目。その後の作品に影響を及ぼす。この時、輸出工芸振興会の柳宗理を助手として全国を駆け巡る。1941年、東京高島屋、大阪高島屋において、ペリアンの日本での仕事を紹介する「選択・伝統・創造」展開催。日本のデザイナーらに新鮮な影響を与え、日本のモダニズムの発展に大きく貢献した。同年、戦争の影響の為、展覧会をもって商工省との契約は解除。以後、東京の坂倉準三夫人の実家に滞在。1942年、仏領インドネシア(ベトナム)へ脱出。戦時中のため四年ほど滞在せざるを得なくなり、その間に結婚し長女を出産。1946年 引き上げ船でパリに帰還。ル・コルビュジェの集合住宅の実施計画に参画、創作活動にはいる。

並び順
展示
- - -
東京店(0)
福岡店(0)
納期
- - -
即納(0)
セール
- - -
アウトレット(0)
セール(0)
アウトレット・セール(0)
1 〜 0 件表示 / 全0件中
1 〜 0 件表示 / 全0件中
該当商品
0
価格
こだわり条件