リグナ・送料無料のおしゃれ家具通販・インテリアショップ

コーディネート
インテリアコーディネート・空間デザイン実例
コーディネート
コーディネート
コーディネート
リグナのインテリア相談

無料のインテリア相談から、空間デザインまで、まずはお気軽に、ご相談ください。

トップページ ニュース一覧 ニュース PCI DSS(PCIデータセキュリティ基準)に準拠致しました
2010.11.22 (月)
PCI DSS(PCIデータセキュリティ基準)に準拠致しました
この度弊社では、セキュリティレベルの向上の為、
セキュリティ専門会社ベライゾンビジネス社の指導・協力の元、
PCI DSS(PCIデータセキュリティ基準)に準拠致しました。


PCI DSS(PCIデータセキュリティ基準)とは?
(Payment Card Industry Data Security Standard)


加盟店・決済代行事業者が取り扱うカード会員様のクレジットカード情報・取引情報を安全に守るために、 JCB、アメリカンエキスプレス、Discover、マスターカード、VISAの国際ペイメントブランド5社が共同で策定した、クレジット業界におけるグローバルセキュリティ基準です。


また具体的な基準と致しましては、以下の要件となります。


■PCI DSSの12の要件

I 安全なネットワークの構築・維持

要件1:
カード会員データを保護するためにファイアウォールを導入し、最適な設定を維持すること

要件2:
システムパスワードと他のセキュリティ・パラメータにベンダー提供のデフォルトを使用しないこと


II カード会員データの保護

要件3:
保存されたカード会員データを安全に保護すること

要件4:
公衆ネットワーク上でカード会員データを送信する場合、暗号化すること


III 脆弱性を管理するプログラムの整備

要件5:
アンチウィルス・ソフトウェアを利用し、定期的に更新すること

要件6:
安全性の高いシステムとアプリケーションを開発し、保守すること


IV 強固なアクセス制御手法の導入

要件7:
カード会員データへのアクセスを業務上の必要範囲内に制限すること

要件8:
コンピュータにアクセスする利用者毎に個別のID を割り当てること

要件9:
カード会員データへの物理的アクセスを制限すること


V 定期的なネットワークの監視およびテスト

要件10:
ネットワーク資源およびカード会員データに対するすべてのアクセスを追跡し、監視すること

要件11:
セキュリティ・システムおよび管理手順を定期的にテストすること


VI 情報セキュリティ・ポリシーの整備

要件12:
情報セキュリティに関するポリシーを整備すること



以上です。

これを機会に、より一層の社内セキュリティレベルの向上に努めてまいります。



アビリタ株式会社

代表取締役 小澤良介

Copyrights © Rigna Co. All Rights Reserved.