テーブル全品、10%OFF! こたつも、ダイニングテーブルも 期間 11.19 (土) ~ 12.18 (日)
トップページ > ニュース一覧 > ニュース 【全品10%オフ】アートラインギャッベ展

News

ニュース一覧

2014.12.3 (水)

【全品10%オフ】アートラインギャッベ展

Artline Gabbeh Exhibition in rigna terrace tokyo 一生をかけて育てる一点ものの絨毯、ギャッベ。
ギャッベの魅力はなにか?それは知性だけで理解しようとしても不可能かもしれません。
染料が天然であるとか、糸が100%羊の原毛であるとか・・・
そんな様々な要素を超えて、私達の感性をゆさぶるものがあります。

ギャッベの成り立ちを深く知らなくとも、
素朴だけど鮮やかな色づかいは、見る人を元気に
肉厚で滑らかな肌触りは、お部屋にこのうえないくつろぎを与え
一つ一つ異なる色柄は、暮らしに特別な愛着をもたらしてくれます。

でも、もしより深く背景を知ったら、きっともっとギャッベが好きになります。
今回は、ギャッベの本場イランでギャッベを作るトルコ人オーナーがリグナでギャッベの魅力をお伝えいたします。
決して安いものではないからこそ、気になることもたくさんあるはず。
日本語OKなので、どしどし質問してください!

そんな高いラグ・・・と思われるかもしれませんが
クッション性が高く床座りにもってこいなうえ、その表情はアートそのもの。
一生使えて、時を経るとアンティークに変化し、孫の代まで譲ることができる、
ギャッベは実用できるアートなのです。
それがソファ1台のお値段で手に入ると考えたら・・・いかがでしょうか?

すでにギャッベファンのみなさんはもちろん、
ギャッベ?いいけど高すぎ!と思っていた方にとって、
このアートラインギャッベ展がギャッベのある暮らしを考えるきっかけになれば嬉しい限りです。


----------------------------------------------------------------------------------------------------
【概要】
SALE期間:2014年 12月 13(土)~21(日)
トルコ人オーナー来場説明:20(土)、21(日)
場所:リグナテラス東京 2F


リグナでのお取り扱いは玄関マット、ラグ(140x200cm前後、170x240前後)、
貴重なオールドギャッベなどがございます。
Webページでのお取り扱いギャッベ一覧はこちら
※Webに掲載しきれていないギャッベが店頭にはたくさんあります!
----------------------------------------------------------------------------------------------------

Artline Gabbeh Exhibition in rigna terrace tokyo

【ギャッベとは?】

ギャッベは、ペルシャ語で「織りの目が粗い」という意味があり、
ペルシャ系、トルコ系の遊牧民たちが手織りしている織り物のことを言います。
その中でも、イランのシラーズ地方の遊牧民、
トルコ系のカシュガイ族の織るギャッベの生産量が最も多く、世界的にも知られています。
1つとして全く同じものは存在しないので、好きなものに出会ったらまさに一期一会!

高地で遊牧民と共に生活をしている大切な羊の毛を糸にして、
草木で染め丁寧に手織りして出来上がる素朴な織物は、まさに大自然からのプレゼント。
元々は沙漠での移動生活のための生活必需品として伝統的に各家庭で織られ使われてきた、
厳しい大自然の寒さや暑さから身を守ってくれる生活の必需品なので、
耐久性が非常に高く、何十年と使い込むことにより表情豊かに変化し、味わい深く成長していきます。

長い年月を経て、母から娘へと受け継がれてきた伝統の織物は、
色彩の美しさ、織りの技術、デザインのストーリー性などに話題が集まり、今では世界中に愛用者を増やしています。