インテリア家具ショップのリグナが送る、ライフスタイルWEBマガジン
家具・インテリアの選び方

文・写真=八木清貴

第4回
2016.08.15

ローソファーのススメ

くつろぎ空間の主役

家の中で、一番くつろげる場所。それはソファーの上ではないでしょうか。

きっと皆さんもテレビや映画を見たりして、常日頃からおくつろぎいただいている事かと思います。

そのごろごろスポットである「ソファー」。さらにくつろいでみたくはありませんか?

くつろぎたいですよねえ。

そんな方におすすめするのが「ローソファー」という、名前の通り座面の高さが低く、よりフラットな位置で座ることのできるソファーです。

低いことで、まず座面の高いソファーにはできない足を前に投げ出すことができて、それだけでもけっこうくつろげて、ゆったりした感じを味わうことができます。

他にも、なんとなく落ち着く感じのその「なんとなく」について、日本人ならではの生活スタイルによるところもあるようで、もともと日本人は座椅子や座布団など、床に近い位置(というか床)で暮らすことが多かった事もあり、ローソファーのように低い物の方が落ち着くと言われているとか、いないとか。

その他にも、ソファーに座りながら座面の上で足を組んだりしてませんか?床に座ってソファーの座面を背もたれにしてくつろいだりしていませんか?それは床で暮らしてきた生活スタイルの名残でもあるんですって。

ローソファーはそういう使い方もできるように、座面が広いデザインや、和室向けのデザインのものも多くあるんですよ。

いい所は使い方だけにとどまりません。

家具そのものが低いため、お部屋の中が広く見える効果があるというのも低い家具の大きな特徴です。

センターテーブルやTVボードなど、もともと高さのない家具との相性も良いため、リビング空間さらに広々として使い勝手良いお部屋になることでしょう。

リビングが少し手狭な方にはぜひともローソファーを選択肢の中に入れていただきたい。

八木清貴(やぎ・きよたか)

1988年生まれ。リグナテラス東京の店舗スタッフ。DTPデザイナーの経験を持ち、店舗のPOP作成なども手掛ける。ゆとり世代。

この連載のバックナンバー

Copyrights © Rigna Co. All Rights Reserved.

インテリア家具ショップのリグナが送る
ライフスタイルWEBマガジン