テーブル全品、10%OFF! こたつも、ダイニングテーブルも 期間 11.19 (土) ~ 12.18 (日)
トップページ > おすすめ家具特集 > 古きを慈しむ -Knot antiques & tabu leather works-

TOPICS 特集 特集一覧に戻る

古きを慈しむ -Knot antiques & Tabu leather works-
Knot antiques & tabu leather works
Knot antiques & tabu leather works
Knot antiques & tabu leather works
Knot antiques & tabu leather works

古材のもつ独特の空気感、感じるのは長い時間の流れと、古材だけがもつ木の哀愁と温もり。 その風合い、空気感を家具として生かしたい。 作られたコンセプトや思いは要らない。 ただ古きを楽しみ、尊う事、それだけです。 古材とどう向き合い、付き合っていけるか、どうしたら古材が生きる空間を作ることが出来るのか、それは商品がどうこうという問題だけではなく、使う人の生き方そのものだと考えています。 例えて言うと、古着を買って着れる人か、そうでないか、その感覚に近いものがあるかもしれません。 古材は中国の古い民家などで主に柱や建具に使われていたもので、要は廃材です。 それを生活の道具として使うことに抵抗を感じる人はまずこの商品を買わないで下さい。 この家具は完全な既成品ではありませんし、一つ一つ木の風合いは違います。 色の誤差も当然あります。 その古材と一つ一つ向き合っての作業となるので、同じものを作る事はできません。 作っている人達も完全な製品にしようとは考えていません。 なぜなら完璧な商品を作るのであれば、古材そのものを否定し、その良さを全て消してしまわなければならないからです。 古材なので木は変形し、穴があり割れています。 それをいいと感じてもらえる人に選ばれ買っていただければ幸いです。

Knot antiques 全商品一覧はこちら

tabu leather works 全商品一覧はこちら

Knot antiquesのソファ(tabu leather works) -やっぱりオイルレザー、最高!-

使い込むほどに風合いを増していくレザーという価値観を重要な基準とし、主にオイルレザーを使用したソファーをセレクト。使い込む事で変化していく革の表情や座り心地、その格好良さを味わえるのが最大の魅力です。扱い方、置く場所によって革の色や質感がゆっくり変化していく経年変化を楽しみながら、自分に寄り添うように変化した自分だけのソファーは、今よりもさらに上質な寛ぎの時間を与えてくれるはず。自分や家族の寛ぎの時間をソファーに刻む喜びが、ここに。

Knot antiquesのダイニングテーブル -雰囲気の古材、実用性のオーク材-

大きく分けて古材を使用したものとそうでないものがあります。古材を使ったテーブルは時間を経たものだけが持つ風合いが最大の魅力。これだけは、新しい木をどんなにそれらしく加工しても出すことができません。節や割れの凸凹とも付き合っていくことになりますが、それはご愛嬌。一つ一つ異なるその表情こそが大切なのです。表面が凸凹しているのはちょっと困る、という方にはオーク材のタイプがおすすめ。こちらは古材ではなく新しい木材を使っていますが、節有り材をあえてラフに仕上げたり、アンティーク塗装を施すことで、力の抜けたお洒落さと実用性を兼ね備えたテーブルとなりました。これからともに時間を過ごすことで深まる味わいを楽しむことができます。

Knot antiquesのテレビボード -テレビって無機質だからこそ-

ヴィンテージなお部屋の敵・・それは家電です。Knot antiquesにはその無機質さを中和するテレビボードがたくさん揃っています。板とアイアンフレームだけ!のような潔いものから、古材を使用し昔の薬箱のようなデザインに仕上げた温かみたっぷりのものまでありますが、海外のものと異なり、どれも日本の住宅に合うサイズで作られているのが嬉しい。人が集まるリビングで、誰よりも視線を集めてしまうテレビ。それを置くテレビボードもまた、イヤでも目に入る存在。こだわらないわけにはいきません。

Knot antiquesのデスク -部屋の片隅に築く自分だけの城-

ダイニングテーブルやソファが「集う」家具なら、デスクは「一人向き合う」家具。だからこそ、遠慮せず自分ワールドを作り上げたい。木とスチールを組合せた無骨な表情が魅力のKnot antiquesのデスクは、それだけで雰囲気がある。何を置いてもキマるから、思い思いにディスプレイを楽しみたい。それに引き出し付きで実用性も兼ね備えているところが嬉しい。共に時間を過ごすうち、傷も汚れも、細々としたモノもどんどん増えていくけれど、振り返ればそこには思い出がギュッと詰まっていることに気づくはず。

Knot antiquesの収納 -空間の雰囲気をつくり出す主役級のアイテムたち-

テーブルは古材を使ったもの、ソファは味を出すのが楽しみなレザーを選んでお洒落な暮らしのはじまりはじまり、と思っていたけれど、いざ置いてみたら何か違う。その原因はおそらく綺麗な内装とのギャップ。そんなときに役立つのが壁際に置くアイテム。背景を作り込めば主役もより引き立つはず。思い切って味のある大きめのキャビネットで壁を覆ってしまえばグッと雰囲気が増します。

Knot antiquesのリビングテーブルとサイドテーブル -アソビゴコロこそインテリアの醍醐味-

古材にスチールに鉄板まで!さまざまなデザインが揃うKnot antiquesのテーブル。ヴィンテージな空間づくりは、素材や色を全て揃えるよりもいろんなものをMIXするのがお洒落に魅せる秘訣。でもどうすればうまくいくのかわからない・・・そんなときに変化をつけやすいのがリビングテーブル。あえて他の家具と質感をハズシたり、個性的なデザインを選んでアソビゴコロを加えるとグッと垢抜けます。

Knot antiquesの椅子 -空間のカッコよさは椅子で決まる-

その空間がカッコよくなるか、否か・・・それは椅子によって決まるといっても過言ではない、とか。他の家具でステージを作りこみ、最後に味付けを決めるのが椅子です。Knot antiquesには、ヴィンテージな空間に合う椅子が揃っているから、どれを選んでもしっくりくるはず。組合せを是非楽しんでほしいアイテムです。

Knot antiquesのベッド -居心地がいいってこういうこと-

1日の終わりと朝の目覚め、ほかで頑張ってるんだからここでだけは無理したくない。疲れた身体を、気張った心をほぐして癒してくれる空間・・・背伸びはしないけどお洒落で落ち着ける空間を求めたら、行き着いたのはこんなベッドでした。木のあたたかみにスチール脚のカッコよさをひと匙。

Knot antiquesの小物 -テキトーっぽいのにお洒落・・!が理想です-

ヴィンテージな空間には小物使いもとっても大事!はっきり言って、家具だけではなかなか雰囲気が出ません。ディスプレイに特にオススメなのはミラー。立て掛けるだけで絵になり、それを中心にグリーンや小物を置いていくとバランスを取りやすい。雰囲気に合わないものを手軽に隠せる古材のボックスも並べるだけでお洒落に見える便利アイテム。綺麗に片付けすぎるのではなく、生活感さえもお洒落に取り込めればホンモノです。

商品ページ一覧へ