テーブル全品、10%OFF! こたつも、ダイニングテーブルも 期間 11.19 (土) ~ 12.18 (日)
トップページ > おすすめ家具特集 > nuan×Rigna nuan人気クリエーターと100年後のアンティークMaster Walを語る!

TOPICS 特集 特集一覧に戻る

マスターウォル

夫婦年数とともに深みを帯び、風合いを増す自分アンティークの家具 Master Wal

ファッションデザイナーRODEO(ロデオ)の平松幸展氏とdictionary(ディクショナリー)の冨田靖隆氏、そしてスタイリストタカシバユミ氏。ファッション業界でご活躍中の3人がファッションonline shop nuan+の対談のため、MasterWal(マスターウォル)の家具がある部屋に集結。インテリアショップリグナのインテリアコーディネーターの稲葉がその魅力をご紹介、率直なご感想を伺いました。

稲葉:この部屋に置かれている家具は、岡山の“MasterWal”というブランドのものです。「100年以上使っていただける家具」をコン セプトに、厳選された上質のウォールナット無垢材を熟練職人の手作業で仕上げています。

オシャレな家具をご購入されるお客様は、ファッションもオシャレな方が多いように感じるんですが、ファッション関係の方って、家具にこだわる方が多いですか?

平松:家具ってそんなに何回も買い替える物ではないから、選ぶとなるとじっくり見ますね。実は先日購入したばかりです。

稲葉:皆さんが座られているソファは、土台にウォールナット無垢材を使用しているので、とても丈夫でフレームの破損の心配がいりません。安価な組み立て家具とは違い、オーナーと共に歩んでいくことが出来るソファなんです。長く使っていただくため、生地はカバーリングにしています。張り替えではなく「かぶせ替え」ができます。

冨田:座面が低めで良いですね。色も明るすぎず、暗すぎず。ナチュラル系でも飽きてしまう色味もあるんですが、丁度良いと思います。重すぎず、軽すぎず。

稲葉:UNISONコレクションテーブルは天板がガラス張りになっているので、中にお気に入りの物を入れてディスプレイが楽しめます。日本は木の加工技術が高く、作りがとても丁寧なんです。例えば、引き出しにはレールを使わず木だけだったり。こちらのローテーブルは重い物を入れることを想定しているためレールを使っていますが、他の家具では使用していません。

タカシバ:素材感が落ち着きますね。

稲葉:テレビが置かれているDanish AVボードも“MasterWal”です。

冨田:パッと見て思ってたんですが、緑と合いますね。

稲葉:そうですね。ウォールナットカラーはグリーンと合います。
グリーンと合わせることによって、軽やかな印象にもなります。観葉植物だけでなく、クッションなどの小物もグリーンを合わせてみてるといいかもしれません。

タカシバ:部屋に入った瞬間に、素敵だなって思いました。ソファとローテーブルと3点セットで揃えたいですね。

冨田:全体的に高さが低めですが、トータルで考えられているんですか?

稲葉:はい。全体的に低めに統一して、トータルにデザインしています。日本の「禅」スタイル、日本人の地べたに座る生活を踏襲しつつ、モダンに仕上っています。ソファがあってもフロアに座るのって、実は日本人独特なんです。どちらに座っていても、落ち着くように設計されています。

“MasterWal”ブランドの中には“Danish”(デニッシュ)、“Moreless”(モアレス)、“UNISON”(ユニゾン)といったシリーズがあるんですが、どのシリーズのどのアイテムを組み合わせても不自然にならないのも魅力です。

冨田:日本の住まいって天井が低めだから、家具が低いと天井が高く見えて開放感を感じますね。平松は背が高いから、余計そう感じるんじゃない?

平松:うん、そうだね。

タカシバ:低い家具を置くと、部屋が広く見えますしね。

稲葉:“MasterWal”の家具は、新築で家を建てたから、引っ越すから等の理由でご購入されるお客様が多いんです。お選びいただくのは奥様で、お支払いは旦那様だったり。弊社デザイナーが実際にお宅に伺って、トータルコーディネートさせていただくこともあります。設計事務所等、法人のお客様にも人気があります。

まあ最近はいろいろな所でお手頃な値段の家具を購入できるようになりましたが、安価な物は表面が突板張りだったり、木目調の合成の板が貼られていたりするんですね。結果、使えば使うほど摩耗してしまうんです。逆に、上質なウォールナット無垢材の家具は、丈夫で長持ちするのが特徴ですから、使い込むほどにアンティークの風合いを増していきます。

冨田:安い物にはやはりそれなりの理由があるんですよね。何より、すぐ飽きちゃったりしますしね。

タカシバ:「次の家に引っ越すまで」とかって、割り切って使ったりしますよね。私も家を買う時は、上質の家具を揃えたいですね。年月が経つにつれて、夫婦年数とともに味が出てくるってとても素敵だと思います。

稲葉:その意味でも“MasterWal”は、使い続けることで意義が増す家具です。お金を使っていただくからには、お客様にもったいない買い物はしていただきたくないですし。お金を捨ててしまうのではなく、長年使い続けることができる良い家具を選んでいただくことで、アンティーク化していくのを楽しんでいただきたいですね。