リグナ おしゃれな家具と雑貨の通販・インテリアショップ

インテリアショップ リグナ Rigna Times インテリア特集 Rigna×韓国インテリア

今注目の韓国インテリア特集、記念すべき第二弾は・・・
韓国にゆかりのあるリグナスタッフと韓国にゆかりのあるインテリアコーディネーターの女子3人でつくる
「Rigna×韓国インテリア」
今回はインテリアコーディネーターの梨舞華さんをお招きしてリグナの家具で
大人の韓国インテリアをテーマにコーディネートしていただきました!

韓国インテリア特集第一弾記事はコチラ

DATA
梨舞華

Instagram:@ribuca
フリーランスインテリアコーディネーター
芸能人の自宅や20〜30代の方を中心として個人宅を中心にシェアハウスやモデルルーム、
イベントスペースなどのインテリアコーディネート・スタイリングを手がけている。
イギリス留学をきっかけにインテリア関連の仕事をすると決意。
また、日韓ハーフで韓国インテリアは幼い頃から馴染みがあり詳しい。
出身地:大阪府(日本と韓国のハーフ)
❤︎仕事:インテリアデザイナー
❤︎資格:インテリアコーディネーター
❤︎趣味:カフェ巡り、旅行

金本

Instagram:@aym24_08
リグナのコミュニケーションディレクター。
Instagramの運営、SNSを中心に担当。学生時代は生活デザインについて学んできており、インテリア好き。
自宅のインテリアなどにもこだわりを持って暮らしている。
出身地:広島県(韓国に所縁を持つ)
❤︎仕事:リグナ コミュニケーションディレクター
❤︎仕事内容:リグナInstagram(@rignajp)等SNS全般、他
❤︎趣味:インテリア、餃子、散歩、映画

石原

リグナのECスタッフ
出身地:東京(韓国に所縁を持つ)
❤︎仕事:リグナ ECスタッフ
❤︎仕事内容:EC業務全般
❤︎趣味:散歩・落書き・食べ歩き・韓国ドラマ・BTS鑑賞

カフェから始まる韓国インテリア

お家時間が増えて、一人暮らしのおうちでインテリアを充実させようという方が増加

梨舞華
韓国では、少し前まではハリウッドリージェンススタイル(私が主役よ!のようなテイスト)韓国の女優さんが座ってそうなベルベットなどの素材を使ったような椅子など、カフェとかにも多かったんですけど、急にミニマリストのような、木材やラタンなどの自然素材にシフトしていっていて、どちらかというと、北欧ヴィンテージミニマリストの人の生活に憧れるようなカフェなどが急増してきたんですよね。

金本
カフェ…やっぱりカフェ系から暮らしに取り入れられることが多いんですか?

梨舞華
そもそも背景が特殊で、日本は個人経営のカフェがチェーン店よりも圧倒的に負けているんですね。それに比べて、韓国は昔からカフェがものすごく多いんですよ。誰がこんなにコーヒー飲むねん!ていうくらい多い。笑
それは、個人もチェーンも含めてですね。でも個人のカフェも全然負けてない。あくまでも私が昔から感じていた体感なんですけどね。。笑

金本
でもだいたい韓国に旅行行くとかなったら、カフェ巡り絶対しますもんね。Instagramでお洒落なカフェとか調べて、そこには絶対行こう!みたいなプランは立ててましたね〜。

韓国の国民性は右向け右

梨舞華
そうですよね〜。すごく人気だと思います。韓国の国民性だと思うんですけど、「右向け右」なんですよ。例えばファッションだと、日本だとまあ、ゴスロリからモダンなファッションまで幅広く沢山あって、みんな個性を出していくと思うんですけど、韓国人って結構本当に8割9割、右向け右なんです。だからみんな同じ様な格好してるし、ていうのが国民性としてあるなと思っていて、それがカフェ等にも影響してるなと。どこかのカフェの雰囲気、テイストがバズったら、みんなそのカフェの真似をする。なので、どこいっても似たようなカフェが多いですね。

金本
アパレルとかもそうじゃないですか?店内の内装も雰囲気がすごく似てますよね。

梨舞華
みんな、あそこ流行ってるから私もやろうという流れになるんですよね。だから、カフェなどは回転が早いですね。本当に続いているところ以外は大体2〜3年で閉まっちゃいますね。

金本
それって流行りのテイストが変わっちゃうからってことですか?

梨舞華
飽きやすいんですよね。かつ、ハマりやすい。から、長くは続かないんですよね。けど偶然、新型コロナウイルスが流行ってしまって、おうち時間が増えたということと、韓国人の女の子達が好きな(右向け右をしている)テイストが今はこの”北欧ヴィンテージ””ミニマリスト”(必要最小限の持ち物で、丁寧な暮らしを実践する事)のスタイルだったとうのも大きいのではないかと思っています。私の中では、この次も来るだろうなとは思っているんですけどね^^スタイルナンダさん(韓国を拠点とするメイクアップおよびファッションブランド)とかのファッションとかはすごく人気で、店舗デザインとか雰囲気はこれのひとつ前に流行った雰囲気だったりするんですよね。今カフェとか行ったら多分だいたいこのテイストなんですよね。今コロナで韓国に行けてないというのもあるんですけど、マットピンクとかカラーは使っているけどシンプル!みたいな。

梨舞華
今の流行りのナチュラルなテイストに自分たちのカラーを出しているって感じですかね。数年前までとかは、めっちゃピンク!!とかでタイルとか使ったり、ネオンとかの雑貨とか、照明とかも豆電球使ってとかでしたね。

石原
確かに韓国ってすごいピンク〜のイメージが強い時もありましたね。。

変わらないこだわり”天然素材”

梨舞華
でもやっぱり、木材ラタンなどの”天然素材”というキーワードはずっとあるなと思いますね。”お洒落””センスの良さ”とかディスプレイひとつにしても韓国人はすごくこだわっているなと。

石原
次はどんなテイストが来るんですかね〜。

金本
え〜またなんか、ピンク!とかネオン!とかに戻ることってあるんですかね。

梨舞華
結構振り幅が激しいのでね、、どっちかというと、やっぱり韓国のカフェとかってナチュラルテイストで、ヨーロピアンヴィンテージみたいなんが多いですけどね!

石原
ドラマきっかけとかあったりするんですかね?

梨舞華
ドラマは逆にいまだにゴリゴリですよ!高い家具とか入れてますね。カッシーナさんみたいなスタイリッシュな〜とかなイメージありますし、芸能人とかの家とかも、このナチュラルな感じのテイストはあんまりないかもしれないです。本来好きなのは、韓国人はもしかしたらあっち系(高級感のある家具)なのかもしれないですね

金本
日本人が今ハマっているからっているからというのもあるんですかね。結構IKEAとかでも韓国ぽいインテリアが沢山ありますし、取り入れやすいですもんね。

梨舞華
そうですね、一人暮らしの女の子とかはIKEAとか共通の商品を買えるというのは、そういうのが普及したきっかけだったと思いますね!小物とかも輸入するのはすごい簡単ですし。

金本
しかも、安く手に入るのもポイントですよね、きっと。だから一人暮らしでも取り入れやすい。

梨舞華
家具全部変えなくても、小ぶりな雑貨とかで、一部のディスプレイするだけでインテリアを楽しめちゃいますからね。ローソク、フレーム、ファブリックアート、テーブルランプ…とか。

金本
こーいうのすごく人気ですよね。こういうフラワーベースとかミラーとかデザインが変わっていてこだわりのあるもの多いですよね。

梨舞華
そうそう、あと、誰発祥か分かんないですけど、急にこういうミラーに落書きするのとか流行ってましたね。恐らくですけど、どっかのカフェのオーナーとか良いセンスを持ってる人がささっと書いたものを、みんなカフェの女の子たちが見るので、真似しようって言って広がっていったんですね。ほんと右向け右!ですね。笑

金本
リグナではどんなスタイルができますかね。”おうちカフェスタイル”みたいなの出来そうですけどね〜^^早速、ショールーム見ていきましょうか!

商品選定中

ドライフラワーとかお花は必須かな〜!

このキャンドルとガラスの組み合わせ、真鍮も使われていて使えそう!

韓国インテリアっぽいよね〜!

色々とピック出来ましたね!
今回はこちらの二つのシーンに、リグナの家具を使って
「韓国インテリア」というテーマでコーディネートしてもらいます!
梨舞華さんお願いします!

Coordinate 1
テーマ「大人っぽい韓国インテリア」

Instagramとかでは、女の子らしい、少女のようなイメージが多いと思いかと思いますが、
今回は20代後半の女性をイメージした空間に仕上げました!

Coordinate 2
テーマ「大人な上質なインテリア」

上質のポイントは素材の使い方!
”木材””ラタン”などの自然な素材や、今流行りのBOHOぽいファブリックを使ったような空間になっています。

BOHOとは、ボヘミアンとNYのソーホー地区のモダンなテイストとを合わせたものでいわば伝統的と都会的とが融合した自由なスタイルのことを表します。
”民族っぽい”とか”馴染みのある素材”をふんだんに使っているので、あたたかい雰囲気を作り出しています。
色を沢山使わず、彩度の低いグレーとかモノクロの色を使って、小物などでも同じような柄を使ってあげることで、全体的な統一感が出るような空間となります!

小物も上手く取り入れて★

ー最後にー

リグナの家具で作る「Rigna×韓国インテリア」いかがでしたでしょうか?
インテリアは、お部屋全体を全て変えるのはなかなか難しかったり、大変だったりしますが、
お部屋の一部の空間だけコーディネートするだけでも、とっても楽しめるものです♪
お手持ちの家具に少しアレンジを加えたり、アイテムをいくつか追加するだけでも
作りたい雰囲気は作っていただけるのではないかと思います!
皆さんもぜひ”隅っこインテリア”を楽しんでみてくださいね◎

❤︎oshimai❤︎
好評の韓国インテリア特集第一弾記事はこちらをCHECK!
➔特集記事はこちら
Share