リグナ おしゃれな家具と雑貨の通販・インテリアショップ

インテリアショップ リグナ Rigna Times メディア出演情報 映画「百花」の家具インテリアをリグナで美術協力させていただきました。

【9.9公開】映画 百花
―――母が記憶を失うたびに、僕は思い出を取り戻していく。
認知症になった母とひとり息子の親子の愛の物語。

主人公の母、百合子が暮らす老人ホームの家具提供をさせていただきました。

STORY

母がまた、遠くに行ってしまいそうな気がした。あの時と、同じように――
親子とは? 愛とは? 人の記憶の正体とは?
記憶という謎に挑み、現代に新たな光を投げかける、感動作が誕生する――

レコード会社に勤務する葛西泉(菅田将暉)と、ピアノ教室を営む母・百合子(原田美枝子)。
ふたりは、過去のある「事件」をきっかけに、互いの心の溝を埋められないまま過ごしてきた。
そんな中、突然、百合子が不可解な言葉を発するようになる。
「半分の花火が見たい・・・」
それは、母が息子を忘れていく日々の始まりだった。

認知症と診断され、次第にピアノも弾けなくなっていく百合子。
やがて、泉の妻・香織(長澤まさみ)の名前さえ分からなくなってしまう。
皮肉なことに、百合子が記憶を失うたびに、泉は母との思い出を蘇らせていく。
そして、母子としての時間を取り戻すかのように、泉は母を支えていこうとする。

だがある日、泉は百合子の部屋で一冊の「日記」を見つけてしまう。
そこに綴られていたのは、泉が知らなかった母の「秘密」。あの「事件」の真相だった。

母の記憶が消えゆくなか、泉は封印された記憶に手を伸ばす。
一方、百合子は「半分の花火が見たい…」と繰り返しつぶやくようになる。

「半分の花火」とはなにか?
ふたりが「半分の花火」を目にして、その「謎」が解けたとき、息子は母の本当の愛を知ることとなる――― 。

ROOM

CABINET

白い壁×オーク材の家具で北欧風な空間に。
ナチュラルで洗練された雰囲気が漂います。

壁付けされているキャビネットは「レッチェ 薄型キャビネット
奥行きが30cmと非常にスリムな薄型タイプなので、
お部屋に圧迫感を与えず収納場所を確保できる優れものです。

写真のように植物やオブジェを置くことで、見せる収納も楽しめます。

ROCKING CHAIR

窓辺にあるのは「フレンドリー ロッキングチェア
背もたれが特徴的なウィンザーチェアのデザインを踏襲したロッキングチェアです。

ゆらゆらと揺れるロッキングチェアはゆりかごのように心地よく、
ハイバックで頭まであずけられるので、全身の力をぬいてリラックスできます。

板座だと固くて心配...という方用に
張地が選べる専用クッションもあります。

大きな窓からのたっぷりの太陽光を浴びながらゆったりとした時間を過ごせる特等席。
きっと大人気の席なのではないでしょうか!