リグナ おしゃれな家具と雑貨の通販・インテリアショップ

インテリアショップ リグナ Rigna Times メディア出演情報 劇場版『奥様は、取り扱い注意』の家具インテリアをリグナで美術協力させていただきました。

劇場版『奥様は、取り扱い注意』
元特殊工作員だった過去を持つ専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬はるか)と、
実は現役の公安警察であり菜美を監視する優しい夫・伊佐山勇輝(西島秀俊)の二人。
桜井久実と裕司に名前を変えて、小さな地方都市・珠海市で新しい生活を始めていた。
実は半年前、ある出来事がきっかけで菜美は記憶喪失になっていたのだった―。

「過去なんて捨てて、あなたとの今を大事にして生きていく」

そんな舞台となる小さな地方都市、珠海市で二人が新生活を始める一軒家を、
レンバシーの家具を中心にコーディネートさせて頂きました!

桜井家と日常描写のディティールに注目

舞台となる珠海市に関しては、静岡県の下田市、神奈川県の三浦市、
真鶴町、千葉県の千葉市、埼玉県のさいたま市などで撮影されています。
その中でも印象的なのが、菜美と勇輝が久実と裕司として暮らす桜井家。
連続ドラマの伊佐山家とはまるで雰囲気の異なる住まいで、
撮影場所となったのは下田市にある建物。海を目の前にした和洋折衷の古民家で、
現在はコテージとなっている建物を飾りつけてロケが行われている。
家の中に関してはスタジオセットで作られていて、佐藤東弥監督いわくそのこだわりは、
「リアリティがあるんだけれどファンタジーを感じさせる空間」。

菜美と勇輝にとっては穏やかな暮らしこそファンタジーでもあって、
今のふたりのささやかな幸せと、それゆえの切なさも感じさせるものとなっている。

living & dining

メインとなるのは桜井家のリビングダイニング。
古民家のような建具の味のある内装に、センスのいい家具たちが並びます。
リグナ定番のマニソファは背もたれが低く、部屋の真ん中に配置しても圧迫感を感じないのが良いところ。
シンプルな形・張地なので、桜井家のようにカラフルなクッションと合わせるのも◎

続いてダイニングには、特徴的な見た目の天板と細い美脚が特徴の、
パークスダイニングテーブル。
そこに合わせるのは、最近ドラマ常連さん?のラウンアームチェア。
どちらもウォールナットで合わせてますが、
鉄脚の異素材感で重くなりすぎず、組み合わせがとてもお上手。

ちなみに壁際には来客用なのでしょうか?
リッショサイドチェアの姿も。
背もたれから、座面から、なめらかな曲線で、
触り心地がいいんですよねぇ。。。。

bed room & others

他にもあります。リグナの家具たち。

ベッドルームには、どーんとダブルサイズのザ・ウッドベッド。
フレームが広めに作られており、ナイトテーブルがなくても、
眼鏡、本くらいなら置けちゃったり。
木質感が感じられる素材遣いもまた良かったり。

廊下には、これまた建具と相性100%なんじゃないか!?
と思うくらいぴったり空間にはまり込んだステンドグラスライトが。
ちょっと古めの建具×ステンドグラスって、なぜこんなにもそそられるんでしょ?
とにかく、かわいい。の一言に尽きます。
シェード部分を付け替えて着せ替えを楽しむのも。。。。
と、妄想がとまりませーん!

STORY

元特殊工作員だった過去を持つ専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬はるか)と、実は現役の公安警察であり菜美を監視する優しい夫・伊佐山勇輝(西島秀俊)の二人は、桜井久実と裕司に名前を変えて、小さな地方都市・珠海市で新しい生活を始めていた。
実は半年前、ある出来事がきっかけで菜美は記憶喪失になっていたのだった―。

「過去なんて捨てて、あなたとの今を大事にして生きていく」。

二人が新生活を送る珠海市は、新エネルギー源「メタンハイドレード」の発掘に活気づいていたが、美しい海を守ろうとする開発反対派と、市長をはじめとする推進派の争いが日に日に激化。実は新エネルギー源開発の裏で、ロシアと結託した国家レベルの陰謀が潜んでいることを突き止めた公安。

「公安の協力者にならなければあの女を殺せ」

信じるか、疑うか。逃がすか、拘束するかーー。葛藤する裕司(勇輝)。
菜美の記憶の回復は、愛し合う二人の別れ(死)を意味する。
そんな中、過去の因縁と国家に追われ、久実(菜美)は大きな事件へと巻き込まれてゆくー。

「うそつき」 「お互い様だろ」

果たして、史上最強の夫婦喧嘩の結末は?そして、二人の愛の行方は…?
最強奥様アクションエンターテインメント・・・取り扱い注意!

劇場版 奥様は取り扱い注意 公式サイト

ドキドキのストーリーと共に前半に登場予定の桜井家のインテリアにも注目

強すぎるワケあり最強夫婦の葛藤と夫婦愛、ド迫力のアクション(夫婦喧嘩)。
日本映画史上類を見ない「最強奥様アクションエンターテインメント」の幕が上がる!
果たして、“史上最強の夫婦喧嘩”の結末は? 二人の愛の行方は…?
感動と驚きのクライマックスは・・・

リグナテラス東京へのアクセス
住所
〒104-0033
東京都中央区新川1-9-3 リグナテラス東京
営業時間

11:00〜19:00

定休日
木曜日(祝日は営業)
TEL

03-6222-0760

※WEBショップでご購入頂いたお客様または、WEBショップにおける商品のお問い合わせにつきましては、03-6222-0763にお問い合わせください。(土日定休)