リグナ おしゃれな家具と雑貨の通販・インテリアショップ

インテリアショップ リグナ rembassy standard sofa

HEMM SOFA, KOMORI SOFA, MANI SOFA.
『レンバシーの定番ソファ』

「変わらない強さ、変わっていく愉しさの探究」をテーマに、日本各地の家具工房と共同しながら、高い品質と耐久性、魅力的な素材遣いを大切にしたものづくりを行う〈REMBASSY〉。今回は、ラインナップの中でも特に引き合いの多い、ソファにフォーカス。定番の3つのソファをピックアップし、それぞれの魅力と特徴をご紹介します。

HEMM SOFA

モダンデザインをベースに、クラシック、インダストリアルのエッセンスが落とし込まれた「HEMM(ヘム)ソファ」。ベーシックなソファの型に見えるのに、ただのベーシックには見えない。そんな独特の佇まいは、ディテールの随所に込められた、繊細なこだわりと遊び心によって生まれています。住空間はもちろん、撮影スタジオやラウンジなど、商空間での採用も多いソファです。

SCENES

ブラウントーンでまとめた、落ち着いた印象のコーディネート。

アームがコンパクトだから、全体幅に対して座面を広く使えます。

クッションをかませて斜めに座ってみたり。

あぐらもかけます。

アーム側を背にすれば、カウチのように足を伸ばしてくつろげます。

男性でも寝転がれる、ゆったりとした広さ。

同じデザインのオットマンもあります。

背クッションが枕代わりに。

PHOTO GALLERY

革張りは色気のある雰囲気。経年変化も楽しみです。

豊富なタイプバリエーションにより、様々な組み合わせが可能。

パイピングをレザーに切り替えるとより個性的な佇まいに。

クッションやオットマンでレザーを取り入れコーディネートするのもおすすめです。

ニュートラルカラーでコーディネートすれば、洗練されたモダンな印象を装えます。

DETAIL

1端部に施された極細のパイピング

「HEMM」という名前は、縁やへりを意味する「HEM」から。フチに施されたパイピングに由来しています。パイピングは太さによって印象が大きく変わりますが、ヘムソファではこれを極細でまわすことで、佇まいをシャープに仕立てています。ファブリックで張る場合、パイピングはレザーに切り替えることも可能。切り替えると、モダンな雰囲気の中に、少しクラシカルな雰囲気が醸されます。パイピングに使用するレザーはアニリンレザーで、細部まで贅沢。

2細いブラックスチールの軽快な脚部

薄い座フレームと細い脚部を実現するために、脚部は荷重をより分散できる6本脚になっています(3人掛けの場合)。6本脚のブラックスチールは、シックな雰囲気の中にどことなくインダストリアルな空気も感じられます。ゆったりと高さのある脚部は、掃除がしやすいのも嬉しい。もちろんロボット掃除機も入り込めます。

3身体をしっかりと受け止めてくれる、安心感ある掛け心地

背クッションはウレタンを羽毛で挟み込んだ構成で、柔らかさと弾力を兼ね備えたバランスの良い感触。預けた背中にしっかりとフィットしてくれます。座クッションは、数種類のウレタンに薄く羽毛を重ねた、安定感のある硬めの座り心地。それぞれ硬さの違うクッションの組み合わせが、絶妙な掛け心地を生み出しています

4カバーリング仕様、アーム着脱可

体によく触れる背・座クッションとアームはカバーリング仕様。ファブリックであれば、汚れてしまってもクリーニングにだせます。後からカバーのみの購入も可能。また、アームは取り外しができ、搬入時にサイズを小さくすることができます。※布張りの場合のみ。革張りは張り込みとなります。

KOMORI SOFA

無垢材をふんだんに使った、量感と自然味ある脚部が印象的な「KOMORI(コモリ)ソファ」。天然木の素材感によるナチュラルな感じがありながら、スクエアな輪郭によりモダンな雰囲気も漂います。KOMORIは、REMBASSYのラインナップの中で座面の奥行きが最も深いソファ。座っても、乗っても、ねころんでも、どんなふうにもくつろいでも快適に過ごせます。

SCENES 2.5P[RB]+2P[RC]

幅239cmのコンパクトめのカウチコンビネーション。

サポートクッションを使うと、普通に座るのに丁度よい座面奥行きになります。

やっぱり足は伸ばしたい。アームは肘置きに。

深い座面奥行きは、寝転がるとベッドのよう。

もちろんこんな座り方も可能。

座面も背もたれに。

コンパクトながら、2人で座ってもまだまだ余裕たっぷり。

SCENES 3P[A]

男性でもゆったりあぐらがかける座面奥行き。

サポートクッションを使って。

アームを背もたれにして脚を投げ出せばさらに快適。

幅のある背とアームは、ちょっとしたテーブル代わりに。

ついつい床に座ってしまう人にもおすすめしたいソファです。

普通に座ったり、あぐらをかいたり、思い思いに好きな体勢で。

PHOTO GALLERY

コンパクトなサイズでも、バランスが良くみえるデザイン。

彩度の低いカーキグリーンでコーディネート。

ボリューム感のある背とアーム。

ざらっとした帆布生地は素材感も格好いい。

クッションでコーディネートに遊び心を。

DETAIL

1どんなふうにもくつろげる、広々とした座面

一般的なソファの座面奥行が500~600mm程度であるのに対し、KOMORIの座面奥行は720mmととても深い設計。寝転んだり、脚を伸ばしたり、床で過ごしているような感覚で、様々な体勢でくつろぐことができます。サポートクッションを置いて座ると、一般的なソファと同じ、普通に座るのにちょうどよい奥行。乗れるし、座れる。つまりはどんなふうにも使えるということ。

2しっとりと、程よい硬さ

背もたれとアームはウレタンフォームを積層した少し硬めの掛け心地。硬めではありつつ程よい柔かさもあるので、サポートクッションを置かなくても問題なく使用できます。座クッションも同様に硬めで弾力があり、クッションが分割されていないため座る場所が制限されません。

32サイズのサポートクッション

必要なだけ付け足せるサポートクッションは、70×50cmと50×50cmの2サイズ。中にはたっぷり羽毛が詰まっていて、バフっと柔らかくて気持ちいい。ねころがって、これを枕にするともはやベッド。1つあると、くつろぎ方の幅がぐっと広がります。

4無垢材を組みあげた重厚な脚部

脚部は単純な四角柱ではなく、無垢材がL型に組まれています。そのため、どっしりとした感じがありながらもどこか軽快で、野暮ったさがありません。ウォールナットまたはホワイトオークのいずれかで製作でき、どちらもたっぷりと無垢材の自然な素材感を味わえます。ファブリック&レザーとの組み合わせ次第で、カジュアルにもシックにも、女性的にも男性的にもコーディネートできます。脚部の幕板下から床までの高さは100mm。ロボット掃除機にも対応しています。

5フルカバーリング仕様

背、アーム、座クッションのすべてのカバーが着脱できるため、カバーのお手入れ、買い替えが可能です。※布張りの場合のみ。革張りは張り込みとなります。

MANI SOFA

〈REMBASSY〉のファーストプロダクトであり、今なおベストセラーを誇る「MANI(マニ)ソファ」。ミニマルでありながらとても独特な雰囲気があるソファで、くつろぎ方の好みに合わせて、サイズやアームの種類、組み合わせを多彩なバリエーションから選択できる。コンセプトは、「自由に、気の向くままに」。

SCENES

シンプルなのに存在感のある佇まい。

サイドテーブルはラップトップがおさまるサイズ。

足を上げてくつろぎたいこと、ありますよね。

きっとTVを観るときに便利なアーム。

背が低いから、外側からもこんなふうに。

ニュートラルカラーの生地もよく似合います。

PHOTO GALLERY

ファブリック&レザーでスタイリング。

オプションでクッションも用意されています。

レザーは使い込むほどに雰囲気が増していきます。

好きな人にはたまらない、帆布特有の質感。

ぽってりとした輪郭。

すっきりとしたモダンテイストにも、

カジュアルでリラックスしたシーンにも、

鉄や古材系のハードなコーディネートにも。

ラインナップに無い生地でも張れます。

DETAIL

1柔らかな曲線を描く輪郭と、印象を締めるつまみ縫製

ウレタン層の上に重ねた羽毛によって生まれた、ふっくらとした丸みをおびたフォルム。長時間座っていても疲れにくい固めの座り心地をベースに、適度な沈みこみで身体を受けとめてくれる気持ちよさを備えています。端部をつまんだ縫製は、柔らかな輪郭の中に緊張感をもたらします。

22種類のアーム

アームは、ハイアームとローアームの2種類の高さから選択できます。ハイアームは、アームを背にすれば、脚を伸ばしてカウチのようにもくつろげるのが長所。ローアームは、枕がわりに頭をのせるのにちょうどよい高さになっています。ごろごろしたい人におすすめ。

3雑多なものを色々詰め込める、置き型のサイドテーブル

組み合わせて使えるサイドテーブルもラインナップに。本、ノートPCやタブレット、充電器、リモコン類など、頻繁に持ち出すからわざわざ収納しておくのは面倒だけど、放っておくと散らかりがちなソファ周りのものをごそっとまとめておけます。

4フルカバーリング仕様、アーム着脱可

フルカバーリング式のため、汚れてしまってもカバーを取り外してドライクリーニングできます。また、アーム部分も着脱可能。取り外すと3Pでも175cm程度まで本体横幅が小さくなるため、搬入経路が狭くても心配ありません。

FABRIC & LEATHER

肌触りや風合い、耐久性にこだわるとともに、コーディネートしやすい色合いを揃えたファブリック&レザー。〈REMBASSY〉のデザインやコンセプトにマッチするものだけを、国内外から厳選しています。

KAPLIS
MADE IN CHINA / 97% POLYESTER 3% NYLON / DRY CLEANING

柔らかく優しい触り心地、ありそうでない絶妙な色合いが魅力の生地。ほんのりと起毛加工が施されているため、単色でありながらも生地の中に濃淡が生まれ、深みのある表情となっています。コーディネート性が高く、カジュアルでもシックでも、幅広いスタイルに合わせられます。

CANVAS
MADE IN JAPAN / 100% COTTON / DRY CLEANING

岡山・倉敷産、帆布。日本国内に流通する帆布の7割はここ倉敷で生まれているそう。英語ではCANVASと呼ばれ、こちらの呼び名の方がどちらかというと馴染み深いのではないでしょうか。その汎用性の高さから、バッグや油絵用のキャンバス、テント、トラックの幌、軍服など、あらゆる用途に用いられてきた帆布。厚みにより1号から11号までの規格に分かれていて、その中でもソファに適した柔らかさと耐久性をもつ8号帆布を使用しています。生地は一度洗いがかけられ、くたっとした風合いと自然に使い古したような表情。皮革と同様、使っていくうちに身体に馴染み、スレや色落ちで味がでてきます。

FORTTIS
MADE IN BELGIUM / 90% POLYESTER 10% COTTON / DRY CLEANING

ふんわりと起毛した糸、微光沢のあるつるっとした糸をランダムに織り合わせてあり、上品さをまといながら、ざっくりとしたラフな風合いも感じさせる生地。洗練されたイメージをインテリアに添えつつも、気取った感じにはさせず、ほどよく抜け感のある雰囲気をつくりだします。数種類の色糸を用いたムラ感のある織りは、汚れが目立ちにくいという長所もそなえています。

LINARA
MADE IN ITALY / 63% COTTON 37% LINEN / DRY CLEANING

1902年創立、イギリス・ノッティンガムを本拠とする老舗「ROMO」社のロングセラー。コットンとリネンをブレンドした、柔らかくしっとり、それでいてさらっとした肌触りが気持ちいい。発色の美しさ、そしてピーチスキンフィニッシュの立体感あるテクスチャにより、無地でありながらも驚くほど表情豊かです。本国でラインナップされている300以上の色の中から、合わせやすく、シックで落ち着いた雰囲気のものを中心に選り抜きました。

HO LEATHER
ANILINE FINISH

50年以上にわたり、ドイツの皮革産業のリーディングカンパニーとして高品質な皮革を提供し続けている「Schnittger」社製。原皮をなめした後、塗装せず染料で仕上げたアニリンレザーです。驚くほど柔らかく、しっとりとした手ざわり。ずっと触れていたくなるような感覚があります。毛穴が塞がれることなく残っているから通気性・熱伝導に優れ、身体をあずけるとすぐに体温に馴染みます。だから、冬に冷たいと感じることも少ない。経年による色合いの変化や艶増しなど、革という素材の魅力を存分に味わえます。
※対応製品:MANI / HEMM

MO LEATHER
SEMI ANILINE FINISH

クローム鞣しのセミアニリンレザーです。柔らかくしなやかで、すべすべとした肌触り。フルグレインと呼ばれる銀面を残したグレードの高い革を使用しています。染色した後に透明感のある特別な顔料を薄く吹き付けてあるため、革本来の質感を残しつつも、色褪せや汚れをある程度防いでくれます。
※対応製品:ROBAN / KOMORI

FACTORY

〈REMBASSY〉のソファは完全受注生産制。注文を受けてからひとつひとつ、国内の工場でつくりあげています。工程はほとんどが手作業。シンプルであるからこそ繊細な精度が求められるものも多く、その品質は、長い年月をかけて鍛錬を重ねた熟練工の経験と技術によって支えられています。

1

2

3

4

「変わらない強さ、変わっていく愉しさの探究」をテーマに、
高い品質と耐久性、魅力的な素材遣いを
大切にしたものづくりをREMBASSYは行っています。

Share