リグナ おしゃれな家具と雑貨の通販・インテリアショップ

インテリアショップ リグナ 理想の部屋づくりの教科書ーソファ編ー

せっかくソファを買ったのに思ったより大きかった。使いにくい。
そういう経験がある方って意外と多いんです…

ソファはリビングのメイン家具といっても過言ではありません。
一生に何度かしかないとっても貴重な買い物だからこそ、
「後悔なんてしたくない…!」ですよね?

そこで!
ここではソファ選びで失敗しない為に知っておくべき基礎知識をご紹介します。

まず最初に決めるべきはソファのサイズ

ソファは家具の中でも大型家具に分類されます。
存在感が出る分サイズがとっても重要。

使用人数は何人か、ソファを置く場所の寸法はどれくらいあるのか、動線は大丈夫か。
実際にソファを置いた時のことを想定しながらサイズを選んでいきましょう。

1人掛け 〜100㎝

コンパクトなパーソナルソファからゆったりくつろげるラウンジチェアまで幅広く展開されています。メインソファの脇に置けばサブ用のソファとしても活躍します。

2人掛け 120〜160㎝

一人暮らしでもファミリーでも様々なシーンに対応しやすいサイズ感です。ラブソファと呼ばれるコンパクトなものから、2.5人掛け程の2人でゆったり座れるサイズのものまで様々展開しています。

3人掛け以上 180〜200㎝

一人分の座面幅が60〜70㎝程取れると比較的ゆったりと座る事ができます。ソファのデザインによっては大人が寝転んで使用できる程のサイズ感です。

L字 200㎝〜

12畳以上のリビングダイニングが目安です。真正面を見たまま寝転がれるのが特徴で、カウチ単体でソファとして使用する事ができるシリーズもあります。

コーナー 200㎝〜

14畳以上のリビングダイニングが目安です。横並びにならない為会話がしやすく、壁に沿って配置すれば角のデッドスペースを無くす事も可能です。

ソファのデザイン・形を知ろう

ソファでの過ごし方は人それぞれ。

横になってゴロゴロしたい人もいれば、床に座ってソファを背もたれ代わりにする事がほとんどの人も。
「自身の生活スタイルに合ったソファは何か」というものを考える事がソファ選びには重要なポイントとなります。

ここではスタイル別にソファを見ていきましょう。

座面の高さ

座面低めのソファは、
床で過ごす事が多い方におすすめ

床に座ってソファを背もたれがわりにしやすく、床に近い生活が送れます。

座面高めのソファは、
立ち座りが多い方におすすめ

足に負担がかかりにくく、ソファと床の間に隙間ができるため楽に掃除ができるのが特徴です。

アームの有無

アーム付きソファは、
サイドにもたれかかりたい方におすすめ

ハイアームなら肘掛け、ミドルアームなら枕代わりにすることもできます。

アームレスソファは、
ソファの座面を
最大限使いたい方におすすめ

アームが無い為サイドからも座ることができ、座面を広く取ることで開放的な雰囲気が作れます。

奥行きの広さ

座面の奥行きが狭いソファは、
読書を楽しみたい方におすすめ

背もたれにもたれかかっても姿勢が良く保てるので疲れにくく、長時間座るのに適してます。

座面の奥行きが広いソファは
寝転がったり足を伸ばしたい人におすすめ

奥行きが広い分ソファの上で色々な姿勢を取ってくつろぐことができる為、リラックス効果抜です。

背もたれの高さ

ローバックソファは、
ソファをお部屋の中央に
レイアウトしたい方におすすめ

圧迫感が出にくく空間にゆとりが生まれ、部屋を広く見せることができます。

ハイバックソファは、
映画やテレビをよく観る方におすすめ

ソファにもたれても肩や首までしっかり支えてくれるので、体全体を預けることができます。

張地の特徴をご紹介

一番悩むのってやっぱりここだと思うんです。

白系にしたいけど汚れが…とか。
革に挑戦したいけど馴染むのかな…とか。
今ある家具に合うかなぁ…とか。

一番目を引くポイントだからこそ、素材と色にはこだわりたいですよね。

だからこそ!
それぞれの特徴を知って、こだわりを形にできる張り地を是非見つけてください。

ファブリック

カラーバリエーションが豊富なのでお部屋にマッチした自分好みの張地が選ベます。
カバーリング対応のものが多く、衛生的に使える為、ファミリーの方やペットと暮らしている方にもおすすめです。
柔らかい触り心地が得られる為優しい風合いが感じられ、通気性も良いのでオールシーズン通して使用するのに最適です。

本革

自然の風合いに加え、高級感を演出することができるのが最大の特徴です。
使い込めば込むほど味が出るので、オリジナルの色合いや素材感を楽しめるのも魅力の一つ。
汚れやホコリがつきにくく、定期的にメンテナンスを行えば耐久性もあり、ぐっと長持ちします。
しっとりしなやかな肌触りと人の体温に合わせて温かくなる素材感は天然素材ならではです。

合皮

比較的安価に革の風合いを楽しむことができる素材です。
水や汚れに強く、もし汚れが付いても中性洗剤で拭き取れば落ちる為、普段のお手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。
カラーバリュエーションが豊富なものも多く、本革にはない色を楽しむことができます。

ソファ選びの要はなんといっても座り心地

長く使うものだからこそちゃんと知っててほしい。

実際に座って確かめるのが手っ取り早いけど、できないことのほうが多いんですよね。
特にネットで一目惚れしたものは、実物を見る事ができる場所から探さないと…

そんなときに見てほしいポイントはこれ!

座面硬め

耐久性や、しっかりとした弾力感を得られるのが特徴です。
長時間座っていても疲れにくく、立ち座りも楽々。
沈み込みが少ない為、体重をしっかり支え、安定感があります。

座面柔らかめ

フェザーが多く使われている為、適度な沈み込みがあるのが特徴です。
リラックス感、包み込まれるようなフィット感を得られます。

購入前に確認してほしいポイントはココ!

大事なのは設置場所だけじゃないんです…
搬入経路

ソファ購入時の意外な落とし穴がココ。
やっと届いたのに部屋に入らない!っていうこと稀にあるんです。
特にマンションや、ドアの幅が小さいお家。
クランクや階段にも要注意です。
そんなことにならないために、よく確認してください。

周りと差をつけるワンポイントアイテムといえば…
クッション

クッション選びってなんだかわくわくしませんか。
ソファと同系色で揃えて大人っぽく見せたり、柄物でアクセントを入れてみたり。
ファブリックのソファにクッションにはレザーを合わせて異素材ミックスを楽しむのもおすすめです。
ソファの色で冒険するのは勇気がいるけど、クッションなら個性も出しやすいですよね♫
ソファのお供にぜひ。

わからないコト、気になるコトはご相談ください!

家具選びをするにも、どう選べばいいのかわからない…
ちょっとした疑問もお気軽にお問い合わせくださいませ。
店頭でのインテリア相談も受け付けております!

※コーディネート相談は事前ご予約をお願いしております。
詳しくは下記コーディネート相談ページをご覧くださいませ。

Share