リグナ・送料無料のおしゃれ家具通販・インテリアショップ

コーディネート
インテリアコーディネート・空間デザイン実例
コーディネート
コーディネート
空間デザイン
リグナのインテリア相談

無料のインテリア相談から、空間デザインまで、まずはお気軽に、ご相談ください。

トップページ インテリアコーディネート・空間デザイン実例 088 A N T H O N Y
088
コーディネート
A N T H O N Y
A N T H O N Y

都内を中心にリノベーションブランドを展開する「REISM」とのコラボレート企画。

「REISM meets Rigna」

シングル向けのリノベーション空間を、リグナ独自のコーディネートで仕上げます。

プロジェクト第30弾。

自宅で仕事をするにはどうにも引き締まらないと、オフィスとして利用を始めたワンルーム。

ちょっとだけ背伸びをして、インテリアにも気合を入れたSOHO。

初めてこの部屋を見た時に「小学校を思い出すなぁ」なんて思いました。

どういった空間にしようか見当もついていなかったけど、そのインスピレーションから

「もし私が小学校の校長先生だったら」なんてテーマでお遊び半分真面目半分での空間づくり。

何と言ってもオシャレにしたい。これは大前提。

でも最初に感じた「学校っぽさ」みたいなのはそのまま活かしたかった。

モルタルの壁面、暗い色味のフローリング、見上げればむき出しの配管。

そう、これは少年時代の偏見と思い込みに基づいた「校長室 x リノベーション」計画なのだ。

さぁ、今日からここが私のオフィスだ。

間取り 1R 8.3畳
所在地 東京都品川区
完成年月 2017年07月
業務範囲 トータルコーディネート
コーディネーター 仲野 俊生
協力 REISM
物件HP/before Anti武蔵小山
写真 八幡 宏
>> atmosphere
If I were you ...

早速登場のハイカラさん。

彼の普段は、いつかの懐かしい思い出をなぞるように、一歩ずつ大人へ。

一つ一つの動作が当たり前で自然。

あの時まだ”こんな”だった少年は大きくなり、自分の世界を作り始めていました。

気づけば、脚立もいらない上の段。

ひたむきに目の前の仕事に向き合うハイカラさん。

「楽な方がいいから」と、白Tがベーシックな彼も、いっちょまえに悩む姿が様になりました。

向き合わなければならないことが多い日々、目をそらして楽になりたい毎日。

だけど、自分の居場所が"そこ"にあるのを知ってるハイカラさんは、いつも探訪、いつも挑戦。

「ウロウロ」は、今の彼を表現するとともに、これからの彼の発射台の地を固めているかのようです。

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
「本のための家具」
¥42,120
>> interior taste
Small Office Home Office

あっち向いた時と、こっち向いた時。

同じ空間なのに、振り向けば変わってしまう、それがワンルームの面白さ。

扉や壁で物理的に仕切らない、家具とかグリーンでゾーニングする。

それが、ワンルームの面白さ。

>> relax scene
with CHESTER

来客用に準備したソファも、気づけば自身のリラックススペースに。

(・・・またまたぁ〜最初からそう考えてたくせに。)

でも。いいじゃない。自分の空間、自分の世界。

ビジネスするなら余計、それが大事なんじゃないかな。

「そんなハイカラさんがいい」って。

「チェスターフィールド」と言う呼び名でアメリカやカナダから広まったこの形。

アームと背が同じ高さで廻ってて、ボタン留めされた「X」がいっぱいあるデザイン。

形式張ってるような印象で、現代ではちょっと距離を感じる。

でもその張布が帆布/キャンバス で包まれてるってのがなんだかポイントだったり。

革だったらコテコテだけど、キャンバスだしラフさが出て馴染みやすかったり。

なんだか、思い出すところとか感じるところがあったり。

ブルーグレーの色合いもお気に入り。

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
見慣れた形もキャンパス素材だとなんだか新鮮です
¥129,600
使うほど深みが増すウォールナットテーブル
¥140,400
おもわず撫でたくなるなめらかさ
¥19,440
普段着を飾る
¥32,400
>> interior accent
Green & Moisture

ハイカラさんが大事にしてること、それは「潤い」。

かっこいい家具とか、おしゃれな壁紙とか、センスのいい照明とか、

形あるものだけじゃなくて、「そこに何があるか」って、考えたりします。

グリーンが自由に葉を伸ばしてたり、花瓶に入れた水が陽の光を勝手に反射したり屈折させたり。

実際はその空間にいるのは自分だけかもしれないけど、

「自分がこの空間に紛れているんだ」って思うと、なんだか色々見方変わったり。

なんだか、少し考えちゃったハイカラさんは、答えとかゴールとかはわかんないけど

とりあえず毎日水を変えてます。

そこからかな、って。

水を注がれた花瓶、さす花は、まだない。

でもこれだけで十分だったり。

インテリアと言うか、空間?に気を使って観察する。

多分ずーっと変わらないんだろうけど、その観察がなんだか面白かったりする。

今あるインテリアは、ちょっと不思議で思慮深い時間をくれました。

・・・今度妹に生花お願いしてみようかな。

>> atmosphere
Work &Free

なんだかんだ考え事してたけど、今日は夕方からの商談前に妹が遊びに来るんだった。

「やれることは今やっておこう。昨日の見積もりと・・・」

と、午後の時間に勤しむハイカラさん。

完璧か?

いや、完璧ではない。

しかし気になる”アートの角度”。

ハイカラさん、大丈夫だって。

大体あってるよ。

「いや、しかし。。。」

そんなインテリアを大事にするハイカラさん、素敵だと思います。

>> actor
His Work Space

「右にずれてるか左にずれてるか」とウンウン言ってる彼を横目に、

彼のワークスペースを紹介しましょう。

メインスペースであり彼の全て、それはデスク。

「島的に配置させても違和感なくて、堂々とした感じ。」

と言う要望を元に用意したデスク。

かっこいいデスクは、「かっこいい」を保ちたくなるものです。

”プレッシャーをかける”って感覚に近いかもしれませんね。

意識して整頓できるワークスペース、理想です。

デスク同様にウォールナットで合わせた書類ケースとお気に入りのチェア。

書類ケース「バトラー」は、各段自在に回転するため、使い勝手が良いのが自慢です。

そして「PP701」。言わずと知れた名作チェアをあえてワークチェアに選んだのは、

「一番座っている時間が長いから、ずっと座っていたいから」と。

叶うのならばウェグナーに伝えたいです。

ダークブラウンの床にもアクセントでラグを。

牛革がパッチワークになったこちらのラグ。

買ったばかりの頃は「ん・・・獣の匂い?革だからか。」なんて感じたそうな。

しかし使い込むに連れて我が家に馴染み、気づけばいつも一緒のパートナーに。

ファブリックとかそうじゃないですか?

幼い頃に使ってた毛布とか、ぬいぐるみとか。

生活に馴染むのは、毎日に安心を覚えるのは、

こう言ったラグやファブリックの存在が大きいのかもしれません。

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
『バラバラに散乱した机上の書類を整理。』
¥15,120
優しい逸話がある椅子です
¥157,680
ファッション感覚で是非取り入れて
¥58,320
>> image scene
with HER & Public

作業時間も足りず妹がやってきた。

「お部屋は、清潔感か大切だから!」と、

ありがたいお言葉と美味しい紅茶をいただく。

できる妹を持つと嬉しいもので。全くその通りだ妹よ。

おかげさまで背筋が伸びます。

と言うわけでエネルギーは充分、戦闘準備万端!

この商談を乗り越えてまた明日をつなごう。

毎日が必死だけど、頑張れるエネルギーをこの場所からもらっている。

さぁ、気張っていこう。

この部屋のコーディネートで使用されたアイテム
君は何色にする?私は赤にするよ。
¥15,120
>>> atmosphere
LIFE GOES ON

SOHO生活、時に孤独感。毎日自分をすり減らす感覚に近い。

だけど、頑張るってのは気持ちいい。わかりやすく結果になることが心地よい。

時に誰かのためだったり、自分のためだったり。

当初スタートした時に勝手に描いた「もし自分が校長先生だったら」と言うテーマが、

今は意識していないにしろ、無意識に私の背骨をただしていてくれていたのかもしれない。

・・・なんてそんなのは夏の夢少年の夢。

自分の足で歩くと決めた私は、この部屋この仕事場と一緒に大きくなっていく。

インテリアのご相談
お客様のイメージをカタチに。

インテリアコーディネートのご相談なら、著名人宅からホテルまで、実績豊富なリグナへ。
ご相談だけなら無料です。
おしゃれ家具大好き・経験豊富なリグナスタッフが、心を込めてご提案いたします。