リグナ おしゃれな家具と雑貨の通販・インテリアショップ

コーディネート
インテリアコーディネート実例
空間デザイン
コーディネート
リグナのインテリア相談

無料のインテリア相談から、空間デザインまで、まずはお気軽に、ご相談ください。

法人のお客様

インハウスのデザイナーによる空間デザイン・インテリアコーディネートを提供しています。

インテリアショップ リグナ テレビ雑誌出演 ドラマ・映画に登場した家具たち 『隣の家族は青く見える』の家具インテリアをリグナで美術協力させていただきました。
2018.1.18
『隣の家族は青く見える』の家具インテリアをリグナで美術協力させていただきました。

フジテレビ系 木曜ドラマ『隣の家族は青く見える』、主人公の五十嵐家夫婦が暮らすコーポラティブハウスの家具インテリアをリグナが美術協力させていただきました。コーポラティブハウスとは、さまざまな家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅のこと。同じコーポラティブハウスの中で、どんなお部屋が見れるでしょうか?

【PATTERN 1】

まずは妊活に励む夫婦、五十嵐家のお部屋から。どんなお部屋で暮らしているのでしょう?

LIVING&DINING

リビングダイニングから見ていきましょう。ポップで明るめの色を取り入れて、にぎやかなお部屋ですね。

どんな家具を使っているのか、さっそくチェックです。

オレンジと黄色のカバーが明るくてかわいらしい、トッコ ダイニングチェア です。実はこれ、見た目の可愛さだけにあらず、くるくるくる~っと回転するんです。椅子を引いたり押したりしなくても動き回ることができるので、意外と重宝される機能です。脚を引きずって床を傷つける心配が少ないのも嬉しいポイントです。カバーをつけかえできるので、お洗濯や模様替えにも便利!チェアと合わせているのは同じトッコシリーズのダイニングテーブル。両側に引き出しがついていて、カトラリーなどをしまっておくのに便利なんですね。

BED ROOM

つづいてはベッドルーム。夫婦二人の思い出が壁一面にディスプレイされています。ナチュラルな木の色で全体的に優しい雰囲気のお部屋にまとまっています。メインのベッドはラチカ ベッド 。脚が高めで、少し浮いたような見た目です。高さがありますが、床との間に空間が空いているので、程よく圧迫感を与えない作りになっていますね。奥に見えるのは木製脚が特徴のマリポッド フロアライト 。リネンのシェードと木製脚がナチュラルなオーク材の空間にマッチしています。奈々が使っているドレッサーはティペット ドレッサー という比較的シンプルな三面鏡。シンプルなデザインなので、イメージを選ばず、7種類の木材から作ることができるので、自分の好みの色を選べるんです。お化粧をするときに必ず使うものですから、ドレッサーももちろん気分があがるものを揃えたいですね。ちなみに奈々が選んだのは、ベッドと同じホワイトオーク材。

STORAGES

その他にも五十嵐家には気になる収納家具が。リビングにおいてあるのは、見た目のデザイン性が抜群◎のコンタン チェストです。取っ手も引き出しの前板も全て異なるものを使っています。どの段に何をいれるかワクワクするような見た目です。ポップで明るい五十嵐家の家具によくマッチしていますね。

キッチンを覗くこれまた前板のデザインが特徴的なリップル リビングボード。リビングボードとは違い使っている木材は1色ですが、波打つような扉の見た目がアクセントになっています。キッチン収納もぬかりなくおしゃれですね。

リビング後ろのスペースを見てみると。。。お部屋全体とはちょっと違う雰囲気のメンズライクなウォールディスプレイです。バルコニーやラダーを組み合わせて、自分好みに壁一面にディスプレイ棚を作ることができるファイヤー エスケープ。はしごを垂らして見たり、S字フックと合わせて収納を増やしたり。ちょっとごちゃついても、ある意味それがディスプレイのように見えてしまいます笑

【PATTERN 2】

続いて紹介するのは川村家。さすがスタイリスト&ネイリストカップルですね。大人っぽい落ち着いたお部屋にまとまっています。奥に見えるのはフランク・ロイド・ライドが設計した照明タリアセン2 。もれでてくる灯りが心地よい灯りをもたらしながら、見た目のデザインも素敵な照明です。

LIVING

リビングにどんと構えているのはブロッサム ソファ 。低めで広い座面で、圧迫感を与えず、落ち着いた印象になっていますね。選んだ張地はグレー。レザーのクッションを合わせてより高級感をだしています。こんなムーディな空間でお酒を飲みながら映画でも見たいものですね。。。

BED ROOM

ベッドルームの照明にもこだわっているようです。サミット スタンドライト は、記念碑を模してデザインされた照明。存在感、、、ものすごいです。こちらも空間を引き締める黒色を。地味になりすぎず、ホテルのようなラグジュアリーなベッドルームです。

こちらのアイテムが使われました
【PATTERN 3】

最後はコーポラティブハウスの設計者、広瀬渉のお部屋です。五十嵐家、川村家ともまた違う、こだわりが詰まっていそうなお部屋です。

LIVING

まず目につくのは、もはやお馴染みのミズ ヘリング ローテーブル 。使っている木材は五十嵐家の家具と同じオーク材。でもなんだかお部屋の雰囲気が違うのは、ソファの色が落ち着いたネイビーだからでしょうか?ポロ ソファは、ルンバOK、カバーリングOK、木質感OK、そして座り心地OKの優秀ソファです。柄のはいったクッションを並べているのが、ちょっとかわいらしいですね。

WORKING SPACE

設計士たるもの、デスクのデザインもこだわるようです。オーク材×ブラックがかっこいいF-031 デスク 。たっぷり書類がはいりそうな引き出し収納と、黒の細い脚部のアンバランス感が逆にバランス感よし!「仕事できる〜」って感じですね!コメントが浅いですか?素直な感想なので、仕方ありません。

DINING

ダイニング周りも何やらおしゃれな雰囲気です。パークス ダイニングテーブルも天板が特徴的ですね。デスクしかり、リビングテーブルしかり、木材×アイアンがメインのようです。インダストリアルっぽくカジュアルで、それでいて安っぽくない感じがセンス良しです。デニム座面のダイニングチェアも気になるところ。ユーズドデニムを使った座面がカジュアルな空間にとても合っています。

KITCHEN

こちらのスペースには珍しい正方形のキッチンが鎮座しています!実はこれ、リグナがオリジナルで手がけた「ブロック パーティー」というキッチンなんです。四方、どこに立っても作業ができるように設計されていて、会話をしながら料理を作れるコミュニケーション型キッチンです◎ホームパーティーにもってこいですね。キッチンの後ろのキッチンボードがにはお酒がかっこよくディスプレイ。ジーンバー キャビネットは、まるでバーのようにお酒とグラスをディスプレイすることができる、飾る収納棚です。お気に入りの食器やコレクションしているお酒を並べて、自慢したくなりますね!渉も自宅に招いて、自慢しているのでしょうか。。。

隣の家族は青く見える

フジテレビ系列 2018年 1月~ 木曜夜22時放送

『隣の家族は青く見える』フジテレビ公式サイト

コーポラティブハウスに住む家族達の葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマ。

主演には、年齢を重ねるごとに魅力を増していく女優・深田恭子さん。

その妻と共に妊活に向き合う夫役を務めるのは、演技派俳優として名高い松山ケンイチさん。

深田さんが演じる主人公の五十嵐奈々は、スキューバダイビングのインストラクターをしている活発な妻。

そして、松山さんが演じる奈々の夫で中堅玩具メーカーに勤める五十嵐大器は、心優しいけどちょっと頼りない夫。

そんな彼らは、小さなアパートで住宅購入のための資金を貯めながらふたりきりの生活を楽しんでいましたが、“コーポラティブハウス”を購入したことをきっかけに、大器の母が心待ちにしていた子作りをスタートします。

ところが、そう簡単には子どもは授からず…。ふたりは子どもを作ることがどんなに大変なことなのかを痛感しつつも、妊活に立ち向かっていきます。