リグナ おしゃれな家具と雑貨の通販・インテリアショップ

インテリアショップ リグナ Rigna Times インテリア特集 ART + LIFE アートのあるくらし展
ART+LIFE アートのあるくらし展

お気に入りの革ソファにヴィンテージのテーブル、デザイナー照明。こだわりぬいて選んだインテリア達。
でもなぜだろう。…何か物足りない。
そうしてやっと気づくのです。壁周りは気にも留めていなかったことに。
壁周りは空間をかっこよく仕上げる為の重要なポイントです。
でも、壁を塗り替えるのも、壁紙を張り替えるのもとても面倒!
そこで、リグナではもっと簡単に、壁面おしゃれが手に入る「アート」をおすすめします。
普段より手頃で取り入れやすいアート達をあつめていますので、
「アートを飾る」今まで考えてもみなかった方も、悩んでいた方も、もっと気軽にアートはじめてみませんか?

コンテンツ
ARTIST & BRAND リグナテラス東京でみられる作品の、
ブランド、アーティストをご紹介!
空間とアートの融合を提供するアーティスト「はやしまりこ」

インテリアを邪魔せず、引き立たせ、絶妙な存在感を醸し出す彼女の作品は、空間に華をそえ、そこにいるものの気持ちも和ませます。
メッセージ性のある抽象画はその背景をさぐるのもアートの醍醐味のひとつ。
彼女の作品はホテルに採用されることが多く、ライフスタイルにあわせやすい作品が多くあります。
また、共に活躍するアーティスト集団「ASANTE」彼ら、彼女らもまたそれぞれのコンセプトにそったアートを日々追求しています。
1点ものが多いため、心を動かされる1枚があれば、それは出会いかもしれません。
優しい作品が多いので、ダイニングやリラックスしたいリビングにオススメです。

神保町にてその名を馳せる「小宮山書店」

1939(昭和14)年に創業されたこの店は、構えも大きく、幅広いジャンルの書籍がそろえられています。
本好きは誰もが知っているお店。
そんな小宮山書店、書籍だけではないんです。アートも実は多く扱っています。
価値ある作品も多いですが、今回はその小宮山書店よりお試ししやすい、現代アートを一部展示致します。
するどいセンスで魅せる作品達は、お部屋の主役級に存在感をはなちます。
現代アートらしい、ビビットなデザインはシーンをかっこよく決めてくれ、たった1枚で部屋の雰囲気を大きく変える力があります。
今回厳選したアートは黒を基調にしている日本人の作品と、ストリートで活躍するロンドンのアーティスト達。
どちらも雰囲気が異なりますが、あらゆる現代アートを集めているのが小宮山書店さんの魅力です。

2人の女性デンマーク人デザイナーDitte Reckwen(ディテ・レクエェグ)とJelena Nordentoft(イエレーナ・トーデントフト)によって2002年に生まれた「STILLEBEN(スティルレーベン)」

テキスタイル・写真・陶芸など、異業種のアーティストやデザイナーとのコラボレーションのもとに生まれたグラフィックコレクションで、今回初めて商品化されました。
同じく、デンマークブランドのアートフレームと共にご提案します。
北欧的なシンプルさがあり、モダンですがクラシックな一面も持つ、試しやすいプリントコレクションです。
すっきりとした控えめなアートで飾りたいときなど、リビングはもちろんですが落ち着いたデザインが多いので寝室にもオススメです。

光と影をかんじるアート
¥13,860
私にはスーパーマンに見える
¥13,860
ART + LIFE アートと暮らすススメ
中央の矢印を左右にスライドすることで
Before Afterをご覧いただけます
DINING

食事をする空間に、アートを。すっとさわやかなアートをそえれば、朝食も夕食も特別な時間に。 友人を呼んで、食事を囲むにもぐっと華やかになります。

中央の矢印を左右にスライドすることで
Before Afterをご覧いただけます
LIVING

壁があまりがちな、リビング。白い壁を全て埋め尽くす必要はないけれど、少しのアートをちりばめれば、高級感ただよう印象に。リビングこそ、特別な空間でありたいもの。

中央の矢印を左右にスライドすることで
Before Afterをご覧いただけます
PRIVATE ROOM

仕事をする?読書をする?プライベートの部屋。リビングとダイニングは贅沢にしたけれど、なかなかお金はかけられない。でも、アートなら手に入りやすいものもあるかも?アートをかけると心に余裕がうまれます。

リグナテラス東京へのアクセス
住所
〒104-0033
東京都中央区新川1-9-3 リグナテラス東京
営業時間
11:00 - 19:00 / 木曜定休
(祝日は営業)
TEL
03-6222-0760