リグナ おしゃれな家具と雑貨の通販・インテリアショップ

コーディネート
インテリアコーディネート実例
コーディネート
コーディネート
リグナのインテリア相談

無料のインテリア相談から、空間デザインまで、まずはお気軽に、ご相談ください。

法人のお客様

インハウスのデザイナーによる空間デザイン・インテリアコーディネートを提供しています。

インテリアショップ リグナ おすすめ家具特集 家具屋がおすすめする、こだわりおしゃれこたつ特集

朝晩は冷え込みもきつくなってきた今日この頃。
毎年4月末に泣く泣くお別れするものの、
心の片隅では再会を心待ちにしている冬の恋人。
あったかいこたつでの、ぬくぬく至福のひと時。

でもわたしの身近には部屋のインテリアに
こたつがあわなくって…と、導入をためらっている
友人・知人・元恋人たちを沢山知っております。
そんな彼・彼女らに声を大にして伝えたい!
こんなにおしゃれで、かっこいいこたつがあるんだと!

布団がなければ、こたつとは気づかない程で。
オールシーズン・エブリタイム、リビングテーブルとして活躍してくれるのです。

「こたつは冬」なんて誰が言った?
こんなにおしゃれなこたつなら、1年中使っても、
いやむしろ1年中使いたいと思えるのです!

リグナが求めたのは、
無垢材オイル仕上げのこたつ。

こたつ機能付きで、
おしゃれなテーブルなら最高!

「冬はやっぱりこたつだよね。」と恋しくなってくるものの、意外に探すと見つからない、「おしゃれ」なこたつ

ソファやTVボードはかっこよくこだわって決めたのに、いざリビングテーブルにこたつを選ぼうとすると、テイストやイメージが違ったりして、なかなか決まらない。

こたつに入るのは大好きだけど、部屋に置くとなると、他の家具との相性がしっくりこない。できればリビングに置いても浮かない、他の家具とも相性の良い、おしゃれなこたつテーブルがあればなんて思うことがしばしばあります。

リグナが求めたのは、
「無垢材」で「オイル仕上げ」。

無垢材オイル仕上げの家具はリグナで1番人気。
木材本来の自然な風合いや経年変化が楽しめるため、家具トータルで無垢材オイル仕上げを選ばれる方がほとんど。
でも残念なことに、こたつは熱を持つという性質上、板が反ることを懸念してか無垢材オイル仕上げのものが、とっても少ないのです。

せっかく他の家具はオイル仕上げで揃えたのに、リビングテーブルはオイル仕上げかこたつか、どちらか諦めないといけないなんてもったいない!そんなスタッフの思いから、「ないなら作っちゃえばいいじゃない?」と作り上げたのが、リグナオリジナルのこたつ「トーカスト コタツテーブル」

木の質感をたっぷり感じられる無垢材と、メンテナンスで経年変化を楽しみながら長く使えるオイル仕上げ、そして忘れてはいけないこたつ機能。全部詰め込みたい!そんなリグナの理想が詰まったこたつを、こたつと木を知り尽くした、こたつ専門工場に依頼をして商品開発をしました。

オイル仕上げ天板で懸念されていた板の反りは、天板には厚みを持たせ、通常よりもゴツい反り止めを埋め込むことで防止。より重厚感のある見た目に仕上がりました。

リビングテーブルとして、
通年使えるデザインにこだわりあり。

リグナが大事にしたのは、「こたつにしてはおしゃれ」ではなく、「リビングテーブルとしておしゃれ」かつこたつ機能付きのもの。他のリビングテーブルと比べても遜色なく、1年を通して使いたいと思ってもらえるようなもの。

こたつは「天板と脚の間に布団を挟む」という特性上、どうやっても天板が2段重ねになってしまう。だったらそれをテーブルのデザインに生かせないか?と考え、天板を斜めにカットすることで、浮き上がったようなデザインに。脚は細くまっすぐにすることで、シャープかつ軽快な印象に仕上げました。

完成形は、「これ、こたつじゃなくてもいいんじゃない?」と思ってしまうほど上出来。リビングテーブルだけど、冬はこたつにもなる。冬だけ使うこたつじゃなく、リビングテーブルとして選んでほしいと思っています。

樹種は人気の2種類から選べます。

選べる樹種は、人気のウォールナット材と北海道産のナラ材。どちらも自然な木の色と質感、手触り、経年変化を楽しめます。

オイル塗装なので、もちろん傷が汚れがついても大丈夫。サンドペーパーで整え、オイルを塗り直すことで綺麗になり、長くお使いいただくほどに色艶が増して深みがでてきます。

みんなで囲んで、鍋をしたり、テレビをみたり、ゲームをしたり。そんな団らんが、コタツにはやっぱり似合う。だから、家族や友達との想い出を重ねながら長く使える、無垢材オイル仕上げはこたつにあっているんじゃないかと思うんです。

トーカスト コタツテーブル

かっこよくてモダンなデザインが通年使ってもおかしくない、こたつテーブル。「こたつ=野暮ったい」というイメージを覆すべく、シャープに仕上げたデザインと、こたつではなかなかない、無垢材オイル仕上げにこだわったリビングテーブルです。

リグナおすすめの、
おしゃれなこたつ一覧

天然木を使用し、熟練の職人が、ひとつひとつ心を込めて作り上げる国産こたつ。
人気のウォールナットをはじめ、オーク、チーク、くるみなど樹種も豊富にご用意。
ヴィンテージ加工を施したり、今のスタイルに合う工夫を凝らしたこだわりのこたつです。

意外と見つからない、
おしゃれなこたつ布団って。

シンプルでおしゃれがかっこいい。

リビングテーブル兼こたつとしても使える、おしゃれなコタツは準備OK。次は布団を、と思い悩みます。

かわいらしい、とか、もふもふであったかそうなこたつ布団はすぐ見つかるのに、「シンプルでおしゃれな布団」が意外と見つからない。

椅子やソファの張地、カーテンのように、こたつと布団の組み合わせをもっと自由に楽しむことができたら・・・!
と、思わずにはいられないのです。

おしゃれ!って言える布団が
どうしても欲しくて。

こたつがダサいかダサくないか、それを決めるのはこたつよりも布団だと言っても過言ではない。
天板の周りに広々と広がるこたつ布団は、お部屋の印象をも左右します。

と、ここまで言ってしまうと手を抜けなくなってしまうもの。(むしろこだわるべき!)
無垢材オイル仕上げのこたつにも、スッキリ合わせる事ができて、しかもインテリアの雰囲気にうまく馴染んでくれる。そんな「おしゃれです!」とおすすめできる布団が欲しくて、でも見つからなくて。

そこで、こたつの野暮ったいイメージを覆す、モダンでシックなこたつ布団を求め、布団もオリジナル製作しちゃいました。

「こたつっぽい」は、できるだけやめました。

リグナがこたつ布団に採用したのは、他のインテリアと合わせて使っても違和感のないようなヘリンボーン生地
山形と逆山形で作られる生地の織り模様が、シンプルだけど、シンプルすぎないおしゃれさで、
大人っぽい落ち着きのある雰囲気を出してくれます。

ウール混の生地はソファや椅子の張地として使われている生地なので、耐久性は抜群
カラーバリエーションも豊富なので、モダンにもカジュアルにも合わせられる万能選手です。

お手入れはドライクリーニングをお勧めしていますが、手洗いも可能
ただしご自宅で洗うのはなかなか骨の折れる作業なので、小さなお子様がいらっしゃり、
メンテナンスが気になるご家庭などは、オプションでパールトーン(撥水)加工もあります。

この布団があれば、鍋パーティーもおしゃれにできちゃうのではないでしょうか??

こたつの醍醐味を忘れてはいけない。

おしゃれにこだわりすぎて、忘れてはいけないのは「使い心地」
こたつの醍醐味と言えば、ごろごろぬくぬく、コタツでミカン。

「こたつむり」なんて言葉もあるくらい、一度入ったらなかなか抜け出せない。
まるで人をだめにする○○のような、抗いがたい魅力をいかに存分に発揮してもらうか。

というわけで、裏面は肌触り抜群のマイクロファイバーでふかふか!な仕上がりに。
すりすりしたくなる気持ちよさに、いつまでもくるまれていたくなります。
こたつに入っているときくらい、リラックスしてだらだらしちゃってもいいじゃないですか。
だってそれが「こたつ」なのですから。

オリジナルこたつ布団

インテリアの雰囲気を邪魔しない、おしゃれなこたつ布団。
ヘリンボーン柄のおしゃれな織の表地は、
大人っぽく落ち着いた印象。
ふっかふかの裏地はいつまでもくるまれていたい心地よさ。

こたつ布団サイズ目安
四角 テーブル 75~80 × 75~80cm 200 × 200cm テーブルサイズ+120cmが目安です。
四角 テーブル 75~80 × 105~120cm 200 × 240cm
丸 テーブル 直径90cm 直径 200cm テーブルサイズ+110cmが目安です。
丸 テーブル 直径105cm 直径 215cm

リグナおすすめの、
おしゃれなこたつ布団一覧

ソファや椅子の張地を選ぶように、こたつに合わせる布団も自由に選びたい。
割と大きめでお部屋の印象も変えてしまうこたつ布団は、できるなら好き!って思えるものを使いたい。
シンプルで、でもおしゃれになるこたつ布団をご用意しました。

もっと好きになる。
コタツの魅力。

遠赤効果の高いヒーターで芯からポカポカ

リグナで取り扱うこたつのほとんどに採用されているのが「カーボンヒーター」*1*2

カーボンヒーターは立ち上がりが早いのが特徴で、5~10秒と速熱速暖性にすぐれています。また熱源にカーボン(炭素繊維)を使っているので、遠赤効果が非常に高い◎

遠赤外線効果とは、例えばお日様で身体がぽかぽか温まってくる感じです。遠赤外線が放つ熱は吸収されやすく、その熱を体中の血液が効率良く伝えることで、身体の芯からじんわり暖かくなるのです。

*1一部カーボンヒーターでない商品もございます。

*2ヒーターは汎用サイズのものを採用しているので、長年のご使用で寿命や故障等が発生した場合、お客様ご自身でも簡単に市販のヒーターと交換が可能です。

足元から、しっかりあたため。
全身の血液が循環。

寒い冬になると、お部屋を暖かくしても、足元はじーんと冷たくて、不快に感じている方も多いのではないでしょうか。
そういう方におすすめしたいのが、こたつです。

足元からしっかりと暖めてくれるこたつは、全身の血液が循環されるため、代謝が良くなり健康にも良いと言われています。

血液が循環し血行がよくなることで、リラックス効果冷え性緩和の効果も期待できるのです。

電気代がオトク!

電気代がかかりそうに思えるこたつですが、実は他の暖房器具と比べてもかなり抑えめ。
限られた空間だけを断熱して暖めるので、短時間で効率よく暖まることができるのです。

空気を汚さない!

お部屋全体を暖める暖房器具と違い、こたつはテーブル下のみ。
お部屋を暖めるというより「身体を暖める」こたつは、部屋が乾燥しにくく、空気が汚れにくいのです。

リグナのこたつは、国内生産。
こたつの製作現場から。

1材料仕入れ

使用する材料は長年の経験とネットワークを活かし、厳選された材料のみを仕入れています。入手困難な材料や希少価値の高い材料など、より品質の優れたものを優先的に購入するために尽力しています。

2木取り

商品ごとに必要な材料を選定し材料を使えるよう、シビアに木取りしています。もちろん、端材も無駄にはしません。細かいパーツや、目には見えないところの部材として大切に使われています。

3加工

ベテランと若手が常に意識しあい、常に助け合い、相談しながら加工ロスの低減と技術向上に取り組んでいます。

4木地研磨

それぞれのパーツに対し、手作業で最適な研磨を施していきます。ここで商品の仕上がりが決まると言っても過言ではない、気を抜くことが出来ない作業です。

5 着色・中塗り

塗装のベースとなる着色と下塗りを行います。着色は本体の色を決定づける大事な作業です。中塗りでは、仕上げ塗装のノリを良くするための下地を作っていきます。

6中研ぎ

中塗りで出来た塗装膜を平滑に仕上げます。ここで商品の仕上がりに大きな差が出るため最後は必ず人の手によって丁寧に仕上げられてきます。

7仕上げ塗装

仕上げ塗装は商品によって手吹き、機械に分けて行います。静電塗装機を使用することでムラのない均一な塗膜を形成、その品質には高い評価を頂いております。

8組立・梱包

仕上げ塗装されたパーツは工場組立ブースで最終検品を受けながら 合格したものだけが組み上げられ、梱包されます。梱包された商品は倉庫に一時保管され、お客様のお手元に旅立つ時を待ちます。

Share
リグナテラス東京へのアクセス
住所
〒104-0033
東京都中央区新川1-9-3 リグナテラス東京
営業時間
11:00 - 19:00 / 木曜定休
(祝日は営業)
TEL
03-6222-0760